>

当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム

バックナンバー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
携帯サイトも公開しています!

Mさん(34歳)のエピソード

2018年2月27日

不妊治療歴が約3年の
Mさん(34歳)のエピソード
です。

当院に来られたのは、
2回の流産を経験されてからの
ことでした。

1回目は赤ちゃんの心拍が確認
できたのですが、その後流産。
2回目は妊娠の判定はプラスでしたが、
心拍がでずに流産されました。

当院に来られた時、胚盤胞の
凍結が1つあるということで、
胚移植のスケジュールに合わせて
鍼灸治療させてもらうことに
しました。

2回も流産を経験されているのに、
不育症の検査はされていないと言うこと
でしたので、不育症の検査をおすすめ
しました。

経験的に、当院に来られる患者さんで
やっと妊娠できて、1回の流産の
経験がある方に不育症の検査を
おすすめしての検査結果は、
40%~50%くらいの確率で
不育症の検査に引っかかって
しまいます。

1回目の流産後に不育症の
検査をして検査結果が悪かった場合、
2回目の流産を防ぐことができますね。

病院やクリニックでは、2回または
3回の流産をしてから、不育症の検査を
勧められることが多いです。

1回でも流産を防ぐことができたら、
それに越したことはないと思うけどね。

不育症対策は、大抵はバファリンの
飲み薬のみ。数値が明らかに悪い場合は、
バファリンの飲み薬とヘパリンの注射を
併用されます。

その時に鍼灸治療を加えると、
全身の血流が良くなるので、
飲み薬や注射の効果が高まります。

Mさんの妊娠までの鍼灸治療は
3回でした。

1回目は胚移植前の高温期。
2回目は生理3日目。
3回目は胚移植をしてから6日目。

本来なら、生理中に1回。
胚移植前の低温期に1回。
胚移植前日または当日に1回。
胚移植してから判定までの間に
1回~2回の鍼灸治療を
お勧めしています。

以上は体外受精をされている方用の
治療プログラムです。

Mさんの場合は治療回数は少なくて
済みましたが、まだ年齢が35歳
以下ということが功を奏したのではと
思います。

Mさんの不妊治療歴は約3年にも
およんでいました。
そして、当院に治療に来られました。
鍼灸治療をきっかけに、
妊娠のスイッチが入り、
プラス判定が出たのではと思います。

Omura

一覧に戻る