当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
携帯サイトも公開しています!

今の時期に良い妊活食材!

2018年7月6日

梅雨も半ば、京都は日に日に蒸し暑さが増してきました。

そのうちスーパーなどでは「土用の丑」や「うなぎ」

といった言葉も出てきそうな感じです。

ちなみに2018年、「土用の丑の日(夏)」は7月20日。

その次が8月1日。今年の夏は2回の「土用の丑の日」

があります。

この場合、最初の日を「一の丑」後の方を「二の丑」

と言うようです。うーん、なるほど。

ところで、なぜ「うなぎ」を食べるようになったか

というのには諸説あります。有名なのは江戸時代、

平賀源内がうなぎ屋に頼まれて

「土用の丑の日」と「うなぎ」を関連させて看板を

書いたことが始まりとか。

しかし、暑い時期を乗り切るために

栄養価の高い「うなぎ」を食べるということは

「万葉集」にも詠まれていたとのこと。

疲労回復にも役立ちますし、理にかなっているみたいです。

身体が元気ならば良い卵も出てきやすいですよ。

 

「うなぎ(鰻)」

・性質:平性

・帰経:肝 脾 腎

・湿邪を回避(デトックス)→だるさや食欲不振を回避

・気血を補う

 

この季節、気血を補い湿邪をデトックスすることは

不妊治療で大切な、血行を良くすることにもつながります。

身体を元気にして卵も元気に!

もちろん良いからと言って食べ過ぎると

「うなぎ」は脂質が多いので逆に胃がもたれます。

何事も過ぎるは良くないですが、あまり食べない人は

この時期、昔からの習慣にならって「うなぎ」

食べてみるのもいいですね。

安田先生が直々に食べに行きました。

一覧に戻る