当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯サイトも公開しています!

坂口家の薬膳レシピ♪五平餅

2018年11月16日

妊活応援!

薬膳コーディネーター坂口の妊活薬膳レシピ♪

 

今回は、今注目?の

 

五平餅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>

ご飯     1合

くるみ    10g

黒すりゴマ  大1

合わせ味噌  小1

しょうゆ   大1.5

砂糖     15g

酒      大1

みりん    大1

しょうが   1/2かけ

 

<作り方>

《たれ》※これが美味しいです。

フライパンで軽く煎ったくるみをすり鉢ですりつぶす

細かくなったらしょうゆ・味噌を入れる

すりごま・砂糖も入れて混ぜ、酒・みりん・

すりおろした生姜を加えてたれを作る

出来れば一晩冷蔵庫で休ませる

 

ご飯をボウルに入れすりこぎで練るようにつぶし

お米の表面がつぶれてつやが出たらOK

 

ラップで小判型に形を整える(厚みを均一に)

両面をグリルか焼き網で中弱火2~3分

ほんのり焦げ目がつくまで焼く

 

たれを両面にたっぷりと付け表面が乾く程度にあぶる

グリルを使ったのでお箸は焼いてからさしています

たれを少しかけ器に盛る

 

~ くるみ ~

温性(体を温める)の食材。

腎機能UPでアンチエイジング

子宮を若々しく保ちます

鉄分やビタミンEオメガ3脂肪酸を含み

血流改善効果が期待できます

 

~ 黒ゴマ ~

平性(体を冷やしも温めもしない)の食材。

肝・腎機能を補ってくれます

ゴマには強い抗酸化作用があり老化予防や

コレステロールを除去する働きがあります

 

 

クルミも黒ゴマも人間の発育や老化に

深くかかわる腎の働きを高める食材です

腎は排卵や月経を起こし、ホルモンバランスにも

密接にかかわっていて腎機能が低下すると

不妊にもつながります

 

冬は「腎」が消耗しやすい時期

腎は“生命の貯蔵庫”とも言われ冷えを嫌います

冷たいものを避けて体の中から温め、気血の巡りを

良くする食材や腎の働きを助けてくれる食材を

摂り入れるとよいでしょう

 

ご覧になっていた方もおられると思いますが

少し前のNHK朝ドラ「半分青い」で

五平餅が度々で出ていてとても美味しそうでした

 

レシピも紹介され、たれに使われている食材は

カラダによいものばかりで妊活中の方には

摂って頂きたい食材です

 

五平餅はご飯で作りますが、お餅にかけても

美味しく召し上がれますよ

 

京都の東洋医学による不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中!

友だち追加

【口コミを確認】

鍼灸専門ポータルサイト[しんきゅうコンパス 烏丸御池鍼灸院]

妊活応援アイテム♪ゆず

2018年11月2日

冬至の時に使われるユズ。

今年の冬至は12月22日。

 

まだ、少し早いですが・・・

 

ゆずの出荷が増えるのは11月ごろから。

今は10月の終わり頃なので、じきに出回り始め、

12月ごろにピークを迎えます。

 

前回のブログでお話ししたように、

柑橘系は胃腸を整えてくれる効果があります。

前回ブログはこちら

 

実は、アロマテラピーでも

「ユズの精油」があります!

 

アロマでユズの精油が使われ始めたのは近年のことで、

グレープフルーツやオレンジなどに比べると

多く出回ってないので価格は少し高めです。

 

柑橘系のオイルは中医アロマでは

『肝(ストレス/血の巡り)』

のオイルとして使われますが、薬膳では

『脾(消化器系)』に良い食材となります。

 

実際に、オレンジやレモンなどは『消化器系』にも作用が

強いので、消化機能のサポートとして

特にストレスが原因の消化不良などには

リラックス効果を兼ね備えているという点でも

とてもgoodです。

 

冷え対策にもなるので妊活・温活にとても良いです。

 

妊活にとって冷えは大敵です。

 

食べたものをしっかり栄養にかえて内臓に届ける為の

胃腸の力も大切です。

 

ちなみにユズには、

・胃腸強壮

・便秘改善

・身体を温める

・血流促進

といった効果があり

妊活にはいいことばかりです。

 

ユズ湯にすると、relax効果、免疫up、肩腰の痛み緩和も加わり

身体も温まりやすくなりますから

子宮や卵巣にも良い環境を作れます。

 

アロマオイルがあれば、お風呂に2〜3滴のユズの精油を

垂らすと柚子風呂になりますので便利です。

(肌が弱い人は刺激が強いので1〜2滴で)

 

余談ですが、

近所のスーパーではすでに100円で販売していたので

1つ買いました。 やすだ

 

 

 

 

 

 

京都の東洋医学による不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中!

友だち追加

【口コミを確認】

鍼灸専門ポータルサイト[しんきゅうコンパス 烏丸御池鍼灸院]

 

坂口家の薬膳レシピ♪○○サラダ

2018年10月31日

妊活応援!

薬膳コーディネーター坂口の妊活薬膳レシピ

 

今回は、

 

かぼちゃとさつまいもの

ヨーグルトサラダ

 

 

 

<材料>

栗かぼちゃ   1/8個

さつまいも   1/2本

レーズン    適量

ヨーグルト   大5

マヨネーズ   大1,5

塩・胡椒

 

 

<作り方>

かぼちゃとさつまいもは1.5cm角に切り

蒸し器で柔らかくなるまで蒸す

(時間を短縮したい時は電子レンジでも大丈夫です)

 

ヨーグルト・マヨネーズ・塩・胡椒を混ぜておく

蒸しあがったかぼちゃ、さつまいもとレーズンを

混ぜておいたヨーグルトソースで和える

 

かぼちゃ

温性の食材、体を温め脾(内臓)の働きを助け

消化吸収を促しながら気を補って体力をつけます

 

のどや鼻の粘膜を保護して、風邪予防にも!
秋から冬に積極的に摂るといい食材です

 

さつまいも

平性の食材、胃腸の働きを整え便通を改善

ふかし芋は人が本来持っている

生命力を養う働きがあります。

 

かぼちゃとさつまいもは共に補気類の食材

気を補うということは内臓の働きを活性化して

カラダを元気にさせる効果があります。

 

胃腸や内臓の機能を高め血液を作る働きを助けます。

 

子宮や卵巣にもしっかり血液が流れて

卵胞の成長や

子宮内膜にも

良い影響を与えます。

 

ストレスが原因で体調を崩している時にも効果的

野菜をはじめ色々な食材の持つ効果を考えながら

お買い物をしたり、献立を決めると食生活が

より豊かに楽しくなりますよ。

 

秋の実りを頂いて健やかな体作りに役立ててください

 

 

京都の東洋医学による不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中!

友だち追加

【口コミを確認】

鍼灸専門ポータルサイト[しんきゅうコンパス 烏丸御池鍼灸院]

坂口家の薬膳レシピ|なつめ紅茶

2018年10月26日

「妊活に少し疲れたなー

でも、卵にいいことはしとかなきゃな・・・」

 

そんなときは、

薬膳コーディネーター坂口がおすすめする

 

ほっと

リラックス 薬膳なつめ紅茶

 

 

<材料>

紅茶(ティーバック)

なつめ        2~3個

 

<作り方>

①なつめに2,3か所ハサミで切れ込みを入れる

②なつめとティーバックを入れたカップに

③沸かしたお湯を注ぐ

 

甘味が欲しい方はお好みでハチミツを
加えてください

 

 

 

体の冷えが気になる時、少し憂鬱な気分の時にも

手軽に楽しめる薬膳紅茶はいかがでしょうか

 

〖紅茶〗

温性で体を温めて冷えを解消

殺菌効果が高く風邪予防にも

「温胃」作用で内蔵の冷えを改善

「養腸」作用で腸の力高め

寒さに対する抵抗力を強めます

 

〖なつめ〗

なつめは大棗(たいそう)と呼ばれ

中国では“一日に3つのなつめを食べると

年をとらない”と言い伝えられています

温性の食材で体を温め滋養し、血を補い

貧血も予防してくれます

妊活中の方は積極的に摂って頂きたい

食材です

 

 

 

紅茶・なつめ 共に

気持ちを落ち着ける作用があり

ストレスを和らげてくれます

リラックスしたい時には

ミルクティーもおすすめです

 

ストレスを感じたらお気に入りのティーカップで

薬膳紅茶を試してみてください

 

手の込んだお料理でなくても一杯の紅茶から

薬膳が始められます

 

なつめが手に入らない時は干しぶどうでも代用できます

 

「今回のなつめはゼスト御池のカルディで購入しました」

 

紅茶を楽しまれた後のなつめは捨てずに召し上がって

くださいね

京都の東洋医学による不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中!

友だち追加

鍼灸専門ポータルサイト[しんきゅうコンパス 烏丸御池鍼灸院]

健康のバロメーター

2018年10月17日

胃腸の調子は、健康のバロメーターです。

 

【セルフケアは、○○アロマがいい】

 

この時期、季節の変わり目で調子を崩す人が多く、

胃腸も不調になりがちです。

 

□最近、食欲がない

□軟便が続く

□なんだか胃腸が不調…

 

これは胃腸のバランスが崩れた状態です。

 

バランスが崩れているとカラダは

それをどうにか治そうと働きます。

 

胃腸のバランスが崩れていると、

食べたものをうまく栄養に変えて吸収することができません。

胃腸を整えることはアンチエイジングにつながります。

妊活にとってアンチエイジングは欠かせないことです。

 

当院では、不妊治療の鍼灸施術で

胃腸の不調をはじめ、

健康面へのアプローチを心がけています。

そうすることで、栄養が行き渡り、

良い卵や内膜が厚くなったりするサポートになります。

もちろんアンチエイジングにもつながります。

 

胃腸への、お家でできるセルフケアとして

柑橘系のアロマをおすすめします。

 

柑橘系のアロマオイルには、

リモネンという成分が

多く含まれていて

胃腸の蠕動運動を促進、消化液の分泌を促進、

胃痛・腹部膨満感・便通も整えるなどの効果があります。

 

代表的なアロマオイルとしては、

・オレンジ スイート

・グレープフルーツ

・マンダリン

・ゆず

 

 

また他にも効果があり

リラックス効果や、ストレス軽減にも役立ちます

 

やり方は、

10~5㎖程度のホホバオイルに1滴たらして胃から腸にかけて

(お腹を時計回り)にマッサージしてみるのも良いです。

 

お腹も温まって食欲も湧いてきますよ。

胃がムカムカするときは、果物のオレンジや

グレープフルーツの香りをかぐだけでも

効果があります。

 

不調の時は試してみてはいかがでしょうか。

 

当院では、鍼灸(しんきゅう)の施術に

アロマの香りも加えて相乗効果が出るように施術しています。

 

京都の東洋医学による不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中!

友だち追加

鍼灸専門ポータルサイト[しんきゅうコンパス 烏丸御池鍼灸院]

坂口家の妊活薬膳レシピ♪

2018年10月12日

薬膳コーディネーターの坂口による

妊活中におすすめの薬膳レシピです。

 

簡単!潤いメニュー

木耳と豚肉の卵炒め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>

生黒きくらげ  適量

豚肉      100g

卵       3個

生姜・にんにく

(チューブを使っています)

 

(調味料)→混ぜておく

しょうゆ    大1.5

酒       大1

砂糖        小1

みりん     大1

酢       大1/2

 

<作り方>

きくらげは30秒程熱湯でゆがく

冷めたら石づきをとって

一口大に切っておく

豚肉にしょうゆ小1・酒大1で下味をつけ

焼く前に小麦粉大1を混ぜる

 

フライパンを熱しサラダ油を入れて、

卵を手早くふんわりと炒めて取り出す

同じフライパンにサラダ油、生姜・にんにくを

入れて豚肉ときくらげを炒める

調味料を入れ最後に卵を加える

 

 

暑さもようやくひと段落、

少し秋らしさを感じるようになってきました。

この季節におすすめの

体を中から潤して、気・血を補う薬膳です

 

『黒木耳(きくらげ)』

血を補って潤いをもたらす食材

 

『豚肉』『卵』

豚肉も卵も同じ滋陰類の食材

体に必要な水分「陰液」を与え

気血を補い滋養強壮

 

木耳と豚肉に卵を合わせることで、

生殖器系(生理や排卵)の機能を司る

“腎機能”アップにもつながります

 

妊活中の方はもちろん、普段からパワー不足の方は

黒きくらげ等の黒い食材を摂られると良いでしょう

 

食べ物の力を借りて体の中から潤いを与え

また、外からは “気”を摂り入れる呼吸を

深く・ゆっくりとすることで呼吸器が鍛えられ

肺が潤います

 

当院では呼吸の指導も行っておりますので、

気になる方はご相談下さい

 

これから来る冬に備え、毎日の食事で

少しずつエネルギーを蓄えましょう

 

京都にある不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

妊活のことなら些細なことでもご相談ください

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中!

友だち追加

鍼灸専門ポータルサイト[しんきゅうコンパス 烏丸御池鍼灸院]

10月の無料カウンセリング

2018年10月10日

不妊治療をしていて、いろいろと
悩んでいる方は本当に多いですね。
無料カウンセリングを、
受けてみてはいかがでしょう。
10月の日程は以下の通りです。

烏丸御池鍼灸院アドバイザー
「やっと、妊娠できました。」
~とある不妊治療専門鍼灸院の
心が前向きになるお話~の著者
大村先生の
無料カウンセリングの日程

1人で悩んでないで、
良かったら不妊治療に関して
悩んでいることがあったり
疑問に思っていることがあったら、
当院に来られてみてはいかがですか?

今思っている疑問や問題の糸口が
みつかるかもしれません。

<日 程>

◆10月24日 (水)

< 時 間 >
午前 10時、11時、12時

(無料カウンセリングの時間は
30分程度です。)
(各時間、お一人、または一組)

病院でいろいろ検査をしたけれど、
特に問題はないと診断されても、
なかなか妊娠できない。

タイミング療法を経て、人工授精、
そして体外受精までステップアップ
したのに妊娠できない。

妊娠したけれど、流産をくりかえす。

二人目がなかなか授からない・・・など。

東洋医学的に見て原因や問題が
解決できるかもしれません。
当院ではなかなか妊娠できなかった人たちが、
今までに、1293組 が
ママ・パパになられています。

●東洋医学的に見て不妊原因は
どのタイプに属するのか診断
いたします。
また、その解決方法のアドバイスも
いたします。

●鍼灸治療はどのようにするのか、
当院の治療の方法もご説明いたします。

●その他、不妊治療で疑問に思っている
ことなどがありましたらご相談ください。

カウンセリングの時間は
30分くらいですが、
個別無料カウンセリングご希望の方は、

当院に電話でご連絡ください。
電話 075-241-2101

もし一人で悩んでおられるのなら、
気軽にご相談ください。
少しはお力添えできると信じております。

Omura

[臨時休業のお知らせ]

2018年9月29日

[臨時休業のお知らせ]

勉強会の為、10/13(土)の営業は

お休みさせて頂きます。

皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが

宜しくお願い致します。

烏丸御池鍼灸院

お問合せ

075-241-2101

朝活和食で妊活

2018年9月27日

長寿食という事で知られる

和食

最近では食の欧米化が進み、和食離れの人が多いようです。

逆に海外では長寿食として和食が注目されているのに・・・

 

ちなみに「和食」は、

2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されていますね。

 

和食」の特徴は、

  1. 栄養価が高くバランスが良い

  2. 味噌など発酵食の作用で腸内環境も整う

 

これらは美容にも良いことですね。

美容に良いことをしていると体も健康になるので、

実は妊活のサポートにもなります。

鍼灸治療も加えて体がポカポカになれば

子宮内膜卵子にとっても良い環境になります。

 

和食の基本「一汁三菜」は、

色でいうと

青(緑)・赤・黄・白・黒

のバランスが取れた食事。

食事が彩り豊かなになる事は、臓器にとっても良いことです。

朝に食べると体も温まる。

そこで…朝活朝食

 

・主食→こめ

・一汁→みそ汁・おすまし

・主菜→肉や魚など、たんぱく質のとれるもの

・副菜→野菜・豆類・海藻類などから2品目

一汁三菜

(忙しい人は一汁一菜でもいいです)

 

東洋医学の五行の考えでは、

青(緑) 赤 黄 白 黒」が五臓に割り当てられるので

バランスの良い食事は健康に、

そして、妊活に良いのです。

 

「青(肝) 赤(心) 黄(脾) 白(肺) 黒(腎)」

 

海外でも注目されている和食、

本来、日本の文化食で日本人の体にマッチしたものです。

洋食傾向の人は毎日ではなくても、

週に何回か朝に和食の日を入れてみてください。

朝活和食で妊活

 

東洋医学による不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

ご予約・お問合せ

075-241-2101

ご予約ご相談もLINEにて24時間受付中です

友だち追加

坂口家の妊活薬膳レシピ♪

2018年9月18日

薬膳コーディネーターの坂口が、妊活中におすすめの

薬膳レシピをお伝えします。

 

本日は、

ローストビーフ梨のソースで

となっています。是非お試しください。

 

<材料>

牛肉ブロック   300g

塩、粒胡椒

 

(ソース)

梨     1/4個 すりおろしておく

しょうゆ  大3

酒     大2

みりん   大1

砂糖    小1.5

 

<作り方>

肉に塩・胡椒をまぶしておく

フライパンで肉の表面全体に焼き色が付くまでしっかり焼く

焼きあがったらアルミホイルを二重に巻き、ビニール袋に入れて

その上からタオル等で包んで二時間くらいおく

ソースの材料をすべてフライパン入れ少し煮詰める

 

 

秋を代表する果物の一つ、“”を使ったレシピです

 

夏から秋へと季節が移ると気温や湿度が下がり

乾燥した空気が口や鼻から入り込むため

潤い不足により体の中もトラブルが起こりやすくなります

この乾燥で影響を最も受けやすいのが「肺」です

肺は滋潤(潤った状態)を好み、乾燥を嫌う特徴がありますので

肺を潤し、温めることが重要になってきます

残暑の残る初秋は熱を冷ましながら潤すのがおすすめです

 

〖梨〗 身体を潤す食材

梨は涼性~寒性の性質を持ち津液(体内の水分)を生じさせ

身体を潤すのでこの時期に摂るのに最適な果物です

 

 

〖牛肉〗 気・血を補う食材

気を補い胃腸の機能を高めて免疫力を上げ

風邪をひきやすくなる時期に備えた身体作りに効果的です

 

妊活中の方はもちろん、普段から自身の体の

メンテナンスをしておくことは、大切なことだと思います

 

毎日の食事に「美味しい」「栄養豊富」「お財布に優しい」

『旬の食材』を採り入れてカラダ作りに役立てて下さいね

 

烏丸御池鍼灸院さかぐち

 

東洋医学による不妊治療専門鍼灸院

烏丸御池鍼灸院

ご予約・お問合せ

075-241-2101

ご予約ご相談もLINEにて24時間受付中です

友だち追加

1 / 10312345...102030...最後 »