当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
携帯サイトも公開しています!

妊娠記録

2019年1月15日

こんにちは

今回は、妊娠して無事に安定期を迎え

卒業された方のお話です。

 

二人目をご希望のMさん(36歳)

一人目も当院で施術を受けられ出産されました。

 

今回Mさんは、一人目の時に凍結していた

受精卵を移植する準備として来院されました。

 

出産後、断乳されてからタイミングを

半年ほどとられていましたが、

タイミングではなかなかうまくいきませんでした。

 

お一人目が、体外受精で移植して

妊娠されたこともあり

残っている凍結胚の移植に向けてと

当院で鍼灸施術が始まりました。

 

移植に向けて、次の周期に子宮鏡検査、

その次の周期に胚移植という予定を組まれていました。

それまではタイミングも取られるという事で

鍼灸治療はタイミングの周期に合わせて

施術させていただきました。

 

その周期は残念ながらタイミングではうまくいきませんでしたが、

生理が来ての子宮鏡検査は問題なし。

子宮洗浄を済まされました。

 

その後生理がきて、

Mさんは自然周期での凍結胚移植周期に入られました。

 

2人目希望で来院してすぐの頃に、

乱れていた周期も

このときには整っていました。

 

生理14日目に排卵、5日後に胚盤胞移植。

移植当日と移植後9日後に鍼灸の施術を行いました。

 

無事、凍結していた残り一つの受精卵移植で

妊娠されました。

 

一人目の時は採卵も含めての治療だったので

22回の鍼灸治療で妊娠されましたが、

今回は6回の鍼灸治療で妊娠。

 

Mさんの東洋医学的な問題は「気虚」

気が不足すると免疫力が低下し、

栄養やホルモンを全身に運びにくくなります。

 

移植までの鍼灸治療で栄養やホルモンのバランスが整い、

良い時期に排卵して移植できたこと。

そして子宮鏡などの準備も出来ていたことも

良かったのだと思います。

 

Mさんはその後12週と5日まで妊娠継続の鍼灸施術を

させていただきました。その後20週目に安産のお灸の練習をして

当院を卒業。妊娠継続施術のおかげもあり、

妊娠中の風邪も早めに治って卒業を迎えられました。

本当におめでとうございます。

 

Mさんともお話していましたが

1人目と2人目の卵は、同じ日に出来た卵で

双子みたいなもの

それが、年違いの兄弟になるのですから

すごいことですよね。

あらためて、そう思いました。

 

それもあってMさんは、このときの受精卵で、

絶対妊娠するぞと、まずはご自身の身体の状態を

整えることを優先されたと思います。

 

1人目妊娠時に残っていた凍結胚を、

体の準備なしで移植して、

うまくいかずに

また採卵を再開されるという方も多いです。

 

年齢が若い時の受精卵はやはり元気でよい受精卵である事が多いです。

 

このような場合は2〜3ヶ月くらいは

身体の準備をしてからの移植されるのもオススメです。

 

鍼灸施術を行った方が、着床の助けにもなります。

 

「子育てで時間が取れないから…」という事も

あると思います。

無理のない範囲で

来られるだけでも体にはプラスになります。

 

お悩みがある方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

 

友だち追加

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

一覧に戻る