当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
携帯サイトも公開しています!

・・・お腹さわらしてもらってもいいですか? その2

2011年4月25日

前回紹介した人気のパンケーキのお店は
「ブーツ&キモス Boots & Kimo’s Homestyle Kitchen」
だったのでは・・・。
間違っていたら、ごめんね。
お店はオアフ島東側に「カイルア・タウン Kailua Town」にあります。
この町の近くにあるラニカイ・ビーチは、人気のスポットですよ。
ハワイに行かれる方、トライしてみてください。

さて、ホノルル空港の中のショップの店員さんに、
「あの~・・・もしかして・・・妊婦さんですか?」
・・・と尋ねたら、

その日本人の店員さんは「そうですよ」
・・・と笑顔で答えてくれたそうです。

そして、Kさん初対面の人に勇気を出して、
「あの~、お腹さわらしてもらってもいいですか・・・?」と聞いたら、

快く妊婦さんの大きなおなかを触らしてもらったそうです。
ちょっと勇気あるよね。日本じゃ、初対面の人に、
「お腹さわらしてもらってもいいですか・・・?」なんて言えないよね。
陽気なハワイだからKさんも言えたし、
店員さんも快くOK!!してくれたと思います。
二人仲よくお話ができて偶然というか、
店員さんも不妊治療をされていたそうなんです。

いろいろやったけれど妊娠できなかった。
だれど、41歳で自然妊娠したそうです。
ご主人が妊娠できやすいようにマッサージをしてくれていたそうです。
ご主人はマッサージ師で、店員さんはそのマッサージがとてもリラックスできて、
良かったのでは・・・ということでした。
もちろん、ご夫婦の愛の絆がラブ・パワーを増幅させたのだと思います。
体をストレスから解放してあげる時間は、
赤ちゃんを待ち望む人にとって妊娠の準備を整えてくれるんですね。

ハワイから帰ってきたKさん、本当に顔色が良くなって、
生き生きしていて、治療に前向きになれるようになったようです。

友たちや知り合いの人に妊婦さんがいたら、
遠慮しないで、お腹さわらしてもらって
妊娠パワーをもらいましょう。

Omura

私、タヒチに住んでました 11(言葉編)

2011年4月24日

『タヒチブログ更新しないの?きれいな写真で癒されたいんだけど・・・』

それは、当院で治療しながら、新鮮胚移植で妊娠した患者Sさんからの突然の一言でした。
まだ、妊娠初期のため、毎日モヤモヤした気持ちが続いているそうです。
陽性判定が出てからも、胎嚢確認、心拍確認など心配事は尽きないのです。
当院では、陽性判定後も、しばらくの間、流産予防のために鍼灸治療を行っています。
そう、こんな時は、タヒチのずっこけ話と、綺麗な写真で癒されてください。

さて、今回の話は、言語についてです。
言葉はもちろん大切ですよね、どこにいても。
タヒチでは、タヒチ語、フランス語の両方の公用語が存在します。
大雑把にいうと、年配者はタヒチ語中心、若者はフランス語中心で会話してました。
そして、外国人である田内は、勿論、その両方を覚える必要があったのですが、
学生時代から英語が大嫌いだったので、(最近、日本語も怪しいですが・・・)
フランス語なんてとても無理!
タヒチ語なんて聞いたことない!
という拒絶状態でした。
しかも準備時間が無く、まあ何とかなるさあ~と能天気だったので、
全く言語の勉強なしでタヒチに渡りました。

仕事初日、タヒチアンだけの職場に掘り込まれた私と同僚M君は、
冷や汗タラタラ、とりあえず見真似で仕事をしたものの・・・
失敗しては笑われる。
みんなが、雑談しながらこっちを向いて笑っている。
初めて教えてくれた言葉(下ネタだった)を使うと笑われる。
笑い声全てが俺たちの事を笑っていると思っていました。
しかも、仕事中だけでなく、食事も彼らとの共同生活でした。
まさに、「習うより慣れろ」を実践していました。
一人の時間は寝る時だけ。やっと部屋で一息つけると思ったら、
蚊が多くて、痒くて痒くて夜中に何度も起きてしまう!
この生活が3ヶ月続きました。
最初の1ヶ月は、かなり辛かったのを今も覚えています。

やがて、一言、二言途切れ途切れに話せるようになったのですが、
文章として話したい内容を組立てから話をしようとすると、どうも時間がかかり、
話すタイミングを逃してました。

そんな時、仲良くしてくれたタヒチアンの一言が転機に・・・・・つづく

田内

※左上の隅は島の陸地部分。その周りの白色は浅瀬(砂浜)。
真ん中のグリーン色はサンゴ礁の浅瀬。深いところは水深20m以上。
右下の濃いブルー色は外洋(水深1000m以上)。
外洋のブルーが濃いのは、それだけ海水中に不純物(プランクトンや泥など)
が無く透明に近いということ。

ホノルル空港で・・・「お腹さわらしてもらってもいいですか」?

2011年4月21日

オアフ島のDFC(デューティーフリー)の横のショップが立ち並ぶ
ところに、パワーストーンを売っているワゴンのお店が
あるらしい。
店主はチャイニーズー系かコリアン系のアメリカ人らしい。
Kさんからメールをもらったのはハワイからでした。
メールの出だしは、こんにちは・・・じゃなくて、ALOHA!!
いい響きだなぁ~。きっと今頃、レンタカーを借りて、
澄んだハワイの風を体にいっぱい感じながら、
ドライブしているんだろうな~うらやましいですね。

思い起こせば最初にハワイに行ったのはもう30年くらい前かな・・・。
大学の卒業旅行で一人旅。
アメリカ西海岸を回って、帰りにハワイに1週間寄ったのが
初めてのハワイでした。1ドル280円くらいでした。
かなりのケチケチ旅行でした。

さて、話を元に戻しましょう。
Kさん、帰国してから治療に来られました。
パワーストーンの店主の話に、その店主おすすめの
パワースポットにも行ったり、オアフ島で有名なパンケーキ屋さん
行って、
ホイップクリームがこれでもかーといっぱいのっている
パンケーキを食べたようでした。
あのパンケーキ??? 全部食べたのだろうか???
かなり大きいはずなんだけど???

気分転換して帰ってきたKさん、
とっても顔色が良くなっていました。
彼女もいろいろ苦悩しながら治療に頑張っているのを知っているので、
今回のハワイ旅行は治療を続けていくうえで精神的に塞いでいた気持ちを
開放できて良かったのではと思います。

治療をしなければ・・・、時間がないから・・・と焦るよりは、
治療していることを忘れて、気分転換することは、
意外と妊娠への近道なときがあります。
辛いところから少しだけ逃避するということは、
精神的にいいと思いますよ。

さて、Kさんの涙、涙の面白い話を聞いたのでブログにアップします。
楽しかったハワイ旅行も帰国の日になり、
ホノルル空港でお土産を探しているとき、
ガラスケース前に立っている店員が日本人で、
お腹を見ると・・・もしかして「妊婦さん?」と思い、
空港の土産屋の店員さんとはいえ、
今会ったばかりの人に、Kさんはいきなりの質問をしたようです。

あの~・・・・・・・・・・もしかして・・・・・・・・

to be continue

Omura

私、タヒチに住んでました 10(タヒチの休日続編)

2011年4月20日

「ほぐすらツボ日記」
皆さん、見ましたか?
参考になりますよね。

さて、不妊治療とは全く関係ないタヒチ話の続編です。
前回、タヒチでの休日の過ごし方として砂浜遊びを書きましたが、
その他には、魚釣りをしてバーベキューで採れたてを食べるのも
良い気分転換になってましたね。
魚釣りとはいっても、釣竿なし、撒き餌なし、餌は蛸の足だけ・・・実にシンプルでした。
ナイロン糸に釣り針とサンゴのかけら(重り)を結んだら完成。
あとは、ボートで沖まで出て、糸を垂らして待つだけ。
フエフキダイ、マツカサウオ、ベラ、ハギなどが採れました。
時には、なんとシマアジが釣れた事も・・・
日本全国に出回っている95パーセントのシマアジが養殖物らしいので、
天然のシマアジをしかも採れたてを食べれるなんて幸せでした。

このタヒチ風のシンプルな釣り方は、腕の差がハッキリ出ました。
釣りの上手い人は釣り部隊、下手な人はバーベキューの準備部隊と、
二手に分かれての行動してました。
田内は・・・最初の頃は当たり前のように釣り部隊の一員でしたが、
次々と上手い後輩が出てきまして、いつしか準備係に格下げされてました。
それ以降は、ボートの運転手としてのみ、時々、釣り部隊参加でした。

釣りも上手い人には気分転換になりますが、下手な私にはストレスになってました。
結局、釣りよりもその後のバーベキューで酔っ払うのが一番の気分転換でした。

田内

写真は、久々のヒットを喜んでくれた後輩が撮影。
釣果はフエフキダイ。

ほぐすらツボ日記 始まる

2011年4月16日

僕がレギュラー出演している4月から始まった、
MBSラジオ1179の「ほぐすらじお」のホームページで
「ほぐすらツボ日記」が始まりました。
4月4日放送分は、花粉症に効くツボの紹介を
しています。
ちょっと暇なときに見てみてください。

放送の全部ではないのですが、
一部だけポッドキャストで試聴できるようになっています。
法律の話がほとんどですけどね。
何かに役立つときがあるかも・・・。

番組のホームページは、下記のアドレスを
クリックしてください。

http://www.mbs1179.com/hog/

Omura

鍼だけは行っときや!!

2011年4月14日

40歳のFさん、初妊娠。
タイミング療法でトライしていたが
なかなか妊娠には至らなかったようで、
以前僕がやっていた足立病院の鍼灸サロンに来られました。
鍼治療は生まれて初めて。

仕事もあって、なかなかコンスタントに治療に来られなくて、
どうしたものか・・・と思っていた。
忙しい仕事の合間を縫ってAIH(人工授精)にもチャレンジしたけれど、
妊娠には至らなかった。

そうこうしているうちに、僕が開業してしまったこともあり、
3か月ほど治療を休まれてたでしょうか、
久しぶりにお会いしたのは当院でした。

さて、これからはどうしましょうか・・・
と話をすると、体外受精にステップアップ
するということでした。

もちろん、年齢的なこともあり、僕も賛成。
妊娠体質への準備も含めて、生理が来て、ショート法の
採卵前に5回くらい施術させてもらいました。

採卵は8個中5個受精。1個を3日目でフレッシュで移植。
残りは胚盤胞で凍結。

結果、胚移植の前後に鍼灸治療と整体を組み合わせ、
4回ほど治療させてもらいました。
結果、1回目の凍結胚移植で妊娠。
Hさん良かったですね。
これから胎嚢の確認、心拍の確認が必要になってきますが、
12~14週くらいまで、流産予防の鍼治療をさせていただく予定です。

ちょっと面白いエピソードがあって、
Hさんのお姉さんを治療していたことがありまして、
妊娠、出産され、今では仕事復帰されているようです。
そのあと親戚のIさんを紹介していただき、
治療3か月で妊娠、そして出産。

Hさんが治療の話を相談された時のこと、お姉さんが言ったそうです。

「病院はやめてもいいけど、鍼だけは行っときや!!」

何と温かいお言葉。

・・・ですが、鍼だけじゃなくて、ちゃんと病院も行ってくださいと
Hさんには言いました。
西洋医学の最先端医療も伝統医療の東洋医学も
どっちもいいとこがあるから、
いいとこ取りて゛いいのでは・・・と思う。

Omura

私、タヒチに住んでました 9(タヒチの休日編)

2011年4月10日

『もうタヒチ話終わったの?楽しみにしてたのに』
と患者のKさんから温かい声をかけて頂きました。
最近、真面目な話ばかりでした。が、ここらで久しぶりにタヒチ話を更新します。

タヒチで働き始めた当初、言葉も理解できないところからのスタートでしたが、
仕事に少し余裕が出てきた頃、時々、休日に砂浜遊びをしておりました。
サンゴ礁の島だから、砂浜だらけやろ!と思われるでしょうが・・・その通りです(笑)
しかし、写真の砂浜(田内の左膝辺りの背景がそれ)はちょっと珍しかったんです。
通常、砂浜は海岸線にあるのが普通ですよね。
しかし、これは、島(環礁)の中にポツンとできた珍しい砂浜でした
潮の流れによっては、砂が堆積して面積が大きくなったり、逆に小さくなったりしてました。
しかも、満潮時には水没して見えないんです。
つまり、条件が揃った干潮時にしか現れない貴重な砂浜ってことです。

場所は、住居からボートで20分程の所にありました。
砂浜に上陸してボーットしたり、スキンダイビング(いわゆる素潜り)したり、
数時間だけ、のんびり過ごして帰ってました。
この数時間がポイント。天気が良すぎると、すぐに肌が焦げて大変です。長居は禁物。
こうして、束の間のリゾート気分に浸ってました。

田内

※写真は、砂浜をバックにポーズを決める田内。
しかし、このダサイ格好はめちゃくちゃ恥ずかしい。
でも、この派手な色の服は、一応意味があったんです。
万一遭難したときを想定して、遠くからでも目立つように考えていたんですよ。
まあ、それを差し引いても、この格好はセンス無いやろって感じですが・・・
人物は無視して、空の青と砂浜の白の見事なコントラストに注目して下さい。

MBSラジオ1179「ほぐすらじお」4月4日放送はこちら

2011年4月9日

とうとう始まってしまったというか、
これから一年間ラジオの仕事が入ったので、
いろいろと頑張らなければなりません。

ヨッシャー!! の心意気はあるものの、
この空元気はいつまで続くやら・・・。

「ほぐすらじお」の4月4日分の放送が、
ポッドキャストで聴けるようになりました
ので、
「どんなんかなぁ~」と思っていただいたら、
下のアドレスにアクセスしてみてください。

僕の「ほぐすらツボ日記」はまだ載っていませんが、
これから放送でお話ししたツボの内容をイラスト入りで
ブログにしていきますので、ついでに覗いてみてください。

http://www.mbs1179.com/hog/

Omura

子宝ソフト整体で基礎体温表がきれいになり、PMSも軽減

桜はほんとに毎年きれいですね~。
大村院長のブログにもあるように、イライラして気が上っている時に
桜を眺めて気持ちを落ち着かせることも大切ですね。

さて、仕事をしながら不妊治療を続けている患者のOさん。
毎周期PMSに悩まされ、基礎体温がバラバラで、ストレスいっぱいの状態でした。
診てみると、「肝気鬱結」(かんきうつけつ)「於血」(おけつ)の症状が出ていました。
イライラで気が上り、血行が悪くなり、足が冷えきっていたんですね。
相談した結果、早速、当院の子宝ソフト整体を勧めました。
すると、次の生理周期から基礎体温表がきれいな二層(低温期と高温期)になり、
PMSの症状がだいぶん軽減したと喜んでおられました。

そのOさん、その後、鍼灸と整体を併用して体質改善を進めた結果、
さらに嬉しい変化がありました。
それは、次回に・・・

田内

春、満開。

2011年4月7日

先日、ちょっとだけ花見をしてきた。
大阪の帝国ホテルの裏は淀川の支流ですが、
かなり大きな河で大阪湾に続いている。
そこはちょうど、遊覧船の船着き場になっていて、
その遊覧船はニューヨークの自由の女神の近くを通る
のとデザインがよく似ていて、おしゃれ感がある。
二回はデッキになっていて、春のやさしい日差しを
浴びながら、水の都、大阪を遊覧船で観光できる。

河沿いには中之島まで遊歩道が整備され、歩道沿いに
桜並木が続いていて、花見の観光客や昼休みのビジネスマンや
OLたちでにぎやかでした。

じっーっと冬の寒さを耐え忍び、春を待って一気に咲く「さくら」は
優雅で微かな花の香りが心を癒してくれますよね。

音楽も「さくら」ブームなようで、皆さんは誰の「さくら」がお好きですか?
ケツメイシ、直太郎、コブクロ・・・?
僕は、ん~、みんないいな。どれもいいので、一つに決められませんね。
あっ、いきものがかりもいいなぁ~。

治療を続けていて、行き詰っていたり、
ストレスでこころが痛むようなときは、
是非、花見などして、春を感じる音楽に、花見弁当などで、
気分を晴れやかにしてみてはいかがでしょうか。

Omura