当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
携帯サイトも公開しています!

ダイエットと不妊

2019年4月27日

当院に来られる人の中には、

「不妊治療を始めてから

体重が10㌔ほど増えました」

「出産してから太りました」

という声を聞くことがあります。

自分のベスト体重から大きく増えている方は、

妊娠にも影響する場合が多いです。

 

不妊症の原因の

8~12%を占めているのが

肥満や痩せすぎの体重異常であることも

わかっています。

 

ちなみに一般的に健康のことを考えた

健康体重はBMI: 22とされています。

 

BMIの計算方法は

BMI=体重(kg)/(身長(m)×身長(m))です。

 

※注意点は、身長はメートルです。

156㎝の人は、1.56mで計算してください。

 

標準体重の計算方法は

身長(m)×身長(m)×22 =標準体重(kg) です。

 

意外と重いと思った方もいるかもしれませんね。

今の日本人はどちらかと言うと

痩せている方が多いです。

見た目上?でいうと

BMIは20~21くらいです。

 

でも、健康体重(病気になりにくい体重)は

BMI22です。

BMIが24を超えると

色々な生活習慣病が現れてきます。

BMIが25を超えると本格的に肥満に突入し

不妊症も含め多くの病気になりやすい状況です。

 

適正体重から大幅に体重が増えていると、

脂肪細胞から産生されるエストロゲンが増え、

「多嚢胞性卵胞になりやすい」「排卵しにくい」

という事につながり、

妊活にも影響してきます。

 

このような場合、実はダイエットが

妊娠への近道である事もあります。

 

ちなみに東洋医学的には4タイプ

痰湿: 水分停滞タイプ

気滞: ストレスによる気の停滞タイプ

瘀血: 血行不良タイプ

気虚: パワー不足タイプ

に大きく分けられます。

 

痰湿タイプは、過剰に水分が溜まっている状態なので、

デトックスを気にしてあっさりした和食を。

 

気滞タイプは、ストレスで気が停滞する上に

よく食べるので、代謝も悪くなっている状態。

運動する事でストレス発散でき、気が巡るので、

適度に体を動かすのが良いですね。

 

瘀血タイプは、血行不良なので、もちろん運動もよいですが、

意外にケーキなど糖分の多いものや塩分の多いものを

たくさん摂っている割に、緑黄色野菜などが少ない

ケースもあります。

運動プラス食事のコントロールがオススメ。

 

最後に気虚タイプはいつもダルかったり、

冷えがあったり、風邪を引きやすいなどエネルギー不足気味で

脂肪が溜まっていくタイプ。豆類や肉類など、スタミナのつくもの

がオススメ。ショウガなども温めて使えば、

体もポカポカして消化吸収も良くなります。

 

自分の適正体重に近づける事が

妊娠への一番近道な場合があります。

 

かと言って

無理なダイエットはかえって健康を害することがあります。

 

当院では、耳ツボダイエットという

健康的に痩せるメニューがあります。

 

体重が急に増えた方や

BMIが24以上の方は一度プロの私たちにお気軽にご相談ください。

 

ご連絡の際は、「ダイエットのブログを見ました。」と

お伝えしてもらうとスムーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

京都不妊治療専門 烏丸御池鍼灸院

GWの営業日のお知らせ

2019年4月26日

烏丸御池鍼灸院

【GWの営業日時のお知らせ】

4/28(日) お休み
4/29(月) お休み
4/30(火) 通常営業
5/1(水)  ※ 臨時営業
5/2(木)  通常営業
5/3(金)  お休み
5/4(土)  お休み
5/5(日)  お休み
5/6(月)  お休み
5/7(火)~ 通常営業

※5/1(水)は、通常営業と同じく午後診療も行っています。
午前 10:00~13:00
午後 15:00~20:00

皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが
ご了承の程、宜しくお願い申しげます。

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

京都不妊治療専門 烏丸御池鍼灸院

自律神経とホルモン

2019年4月23日

こんにちは

今日は、不妊症の方に多くみられる

自律神経とホルモンのお話です。

 

自律神経失調症などの言葉は

聞かれたことはあると思います。

 

ストレスみたいに

目に見えないものと思われている方も多いのですが、

実際に体内にある神経です。

 

興奮時や活動時に働く[交感神経]と

寝ている時やリラックスしている時に働く[副交感神経]の

2つで自律神経と言います。

 

内臓を働かす神経は、主に副交感神経になります。

 

現代の情報社会や仕事の効率化で

スピードを要求されることも多く

バタバタ、せかせかした日常により

交感神経が優位で過緊張の人が増えています。

 

交感神経優位では、筋肉の緊張が続き

血管も収縮して血行が悪くなります。

冷え性にも発展します。

 

もちろん、子宮や卵巣にもよくありません。

 

そして

ホルモンバランスをも

乱れさせてしまいます。

 

逆のことを言えば、自律神経の切り替えが上手くいくと、

免疫力も向上します。

ホルモンバランスも整い、内臓機能の向上になります。

妊娠体質はこの自律神経と大きく関わります。

 

当院では

当院独自の鍼灸施術とスーパーライザー療法で

自律神経を整えながら

子宮や卵巣などの内臓を働きやすい環境にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊治療において良い卵胞を育てるためにも

土台の部分は大切。

 

あなたにとってその土台が

自律神経かもしれません。

 

いくら卵巣に働きかける薬を使っていても、

体が緊張状態で血流が悪ければ、

薬もなかなか良い働きをしてくれません。

 

当院の鍼灸施術やスーパーライザー療法で

交感神経と副交感神経の切り替えが

うまく出来るようになれば、

内臓も活発になり

全身に酸素や栄養をしっかり届けてくれる

ようになります。

 

鍼灸施術のみならず、

スーパーライザーの利用についても

「ブログを見ました」とお気軽にご連絡ください。

 

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

京都不妊治療専門 烏丸御池鍼灸院

~春の香りを楽しむ薬膳①~

2019年4月22日

今回は、春の味覚の代表『』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

筍は “寒性” の食材

身体の余分な熱を取り肺の働きを良くして

咳や痰を改善

繊維質が豊富で便秘を解消

デトックス効果があるので

冬の間に溜まった体内の毒素を排出してくれます

 

春の訪れとともに眠っていた体の中の細胞が活発に

活動を始めます

 

春の薬膳のポイントは

冬の間に溜め込んだ不要なものを

外へ排出すること

 

その働きをコントロールするのが

“肝”と言われています

解毒機能をもつ“肝”の働きを高めることが大切です

また“肝”には身体のさまざまな機能がスムーズに働くよう

調節したり、気を全身に巡らせる機能があります

 

筍は、肝機能を高めるのに良い食材ですが

寒性で身体を冷やす作用があります

特に妊活中の方は温性の食材と一緒に
採られる方がいいでしょう

 

筍ご飯も温性のもち米を使っておこわにしたり
筍の木の芽あえ(木の芽も温性の食材です)もいいと思います

 

筍は10日程で筍から竹へと成長するエネルギーを持っている

生命力が強い食材です

 

旬の味を楽しみながら成長パワーを頂きましょう!

 

坂口

 

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

便秘と不妊②

2019年4月11日

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は「便秘」について西洋医学的な話をしました。

そして、便秘の状態にあると

全身に(もちろん子宮や卵巣にも)

良い栄養が運ばれにくいという事があり

妊活にはよくない状態です。

 

分類としては以下の3つでした。

弛緩性便秘:大腸のぜん動運動が弱く、便を押し出す力が弱い便秘

痙攣性便秘:ストレスや自律神経の乱れでぜん動運動が強くなり過ぎて、

便を正常に押し出せない状態の便秘

直腸性便秘:直腸に便が到達するものの、我慢する事による便意の消失が

習慣化して便が残っている便秘

 

そして、今回は東洋医学的な話。

東洋医学では「便秘」は4つの原因に分けられます。

 

①熱秘:辛いものや刺激物の偏食が多かったり、喉が渇いたりほてりやすい人

は胃腸に熱がこもりやすく、潤い不足により便秘が起こる。

②気秘:ストレスなどにより気が停滞して腸の働きも停滞してべんぴがおこる。

座る時間や動かない事によっても気の鬱滞が起こる。

虚秘病後で気血が回復していなかったり、もともと虚弱だったり、

老化で気血が不足していると、腸が潤いを失い便秘が起こる。

冷秘:虚弱や老化でお腹より下の温める力が弱くなると、

冷えが起こり、排便便が困難になり、便秘が起こる。

 

つまり、

「熱がこもっている」

「気が停滞している」

「パワー不足」

「冷え」

の4タイプです。

 

前回お話しした、手や足のツボも良いですが、

もし、どのタイプがわかるようでしたら、

それぞれに合った

食事の養生も加えてみればさらに良いです。

 

例えば

①熱秘タイプ→体を冷ましてくれるバナナなどの果物やヨーグルト。

②気秘タイプ→リラックス効果のあるもの。

ジャスミン茶やミントティー など

お茶でリラックスするのがおすすめ。運動も良いです。

③虚秘タイプ→気血を補うキクラゲや黒ごま、ドライフルーツなどの黒い食材や

レバー、赤身の肉や魚など赤い食材。

④冷秘タイプ→生ものなど体を冷やす食材を避けて、

ナッツやしょうがなど体を温めるものを摂ってみると良いです。

 

便秘など体の中で停滞が起こっていると、

子宮や卵巣にも栄養や血がしっかり巡ってくれません。

不妊治療をされている中で、

便秘に心当たりのある方は、普段の生活に加えて、

タイプ別の対策も一緒に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

便秘と不妊①

2019年4月8日

「お腹が張る」

「食欲が無い」

「肌が荒れる」

このような不調がある方は便秘が原因かもしれません。

 

ちなみに便秘には大きく分けて3種類あります。

①弛緩性便秘: 大腸のぜん動運動が弱く、便を押し出す力が弱い便秘

 

②痙攣性便秘: ストレスや自律神経の乱れでぜん動運動が強くなり過ぎて、

便を正常に押し出せない状態の便秘

 

③直腸性便秘: 直腸に便が到達するものの、我慢する事による便意の消失が

習慣化して便が残っている便秘

 

便秘が続くと腸の中では便の腐敗が進み、

悪玉菌が増えて、腸内環境が悪くなります。

 

そうなると腸からの有害物質(アンモニアなど)

が腸壁から血中に吸収されて

「肌荒れ」

「体臭」

「不眠」

「イライラ」

へと繋がります。

 

そして、腸内環境が悪い状態や

不眠やイライラは不妊へも影響します。

 

原因になるのは

主に運動不足、水分不足、食物繊維不足、

腹筋力の低下、環境の変化や大きなストレスが原因と

なり得ます。

 

なかなか運動する時間が無い、

ストレスもいっぱいで大変という方は、

水分をしっかり摂り

ツボ押しやセルフマッサージも良いです。

 

例えば、手の甲にある「合谷」というツボは

自律神経を整えて胃腸の働きの改善に役立ちます。

せんねんきゅうなどお灸をしても良いですね。

※注:移植後や妊娠の可能性のある高温期の場合、

「合谷」は古典でも流産につながるツボとされるので、

その場合は押すのは避けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

足のすねの外側にある「足三里」も胃腸を動かし、

気の巡りも良くしてくれるので、

入浴時にでも

膝下から足先にかけてのすねの外側を

揉むのもとてもいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

冷えのぼせと生活習慣

2019年3月28日

今回は、

 「冷えのぼせ」と「生活習慣」のお話です。

 

最近、足は冷えるものの上半身はのぼせる

という人がよく来られます。

 

TVでもこういった「冷えのぼせ」の症状

が扱われる事も増えました。

 

この「冷えのぼせ」は、

東洋医学の考えからも

妊娠には不利な状態です。

 

冷えの原因としては、

  • 冷たい食べ物、アルコールの摂取による「内臓の冷え」
  • 運動不足による「血流の低下・下半身の水分停滞」
  • 不規則な生活リズム、スマホやPC、夜更かしによる「自律神経の乱れ」

などが挙げられます。

 

そうした下半身の冷えがあるにも関わらず

上半身の冷えがない場合、のぼせを感じます。

 

東洋医学では、このような冷えのぼせの症状は

気が上って、上部で停滞しているとも考えます。

そのような時は上半身を温め過ぎずに、

足を温めると良いでしょう。

 

足を温める事で、上の熱を冷えていた下半身に

持ってきてくれるので、体温のバランスが

整ってきます。足のお灸なども良いですね。

 

また、冷えのぼせによる体のバランスの乱れを整える為には

「食事」「睡眠」「適度な運動」などの

見直しがオススメです。

 

 

 

 

 

 

生活習慣が今の身体を作っています。

 

不妊治療をされている方の中でも、

夜のスマホ、お菓子を良く食べる、寝る時間が遅い

ということをされている方が多い気がします。

 

先日妊娠された方も、

移植に向けて前の周期から

間食を減らし、

移植に向けた鍼灸治療で

「冷えとのぼせ」がなくなり、

妊娠されました。

 

鍼灸治療も効果的ですが、

普段の生活改善もとても大事です。

思い当たるところがある人は、

少しづつでも改善していく事が

積み重なりでプラスになります。

 

いま一度、出来るところから

見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

みかんの薬膳効果

2019年3月20日

こんにちは

今回のテーマは

 

捨てるところがない!

みかんの薬膳効果

についてです

 

3月に入り暖かい日も増え

過ごしやすい季節になってきました

 

春は、東洋医学の基本になる

五行学説によると五臓のうち

「肝」と深い関係があります

 

「肝」は気や血の流れをコントロールしています

 

環境の変化も多いこの時期、ストレスにより

自律神経のバランスが、乱れやすくなります

 

気を巡らせる食材を採り入れて

肝の働きを促進することが重要です

 

そこで今回は、気を巡らせる食材のひとつ

“みかん”の薬膳効果を見ていきたいと思います

 

みかんは、気の巡りを良くする理気類の食薬です

 

みかんには、実にも皮にも香りにもそれぞれ効果があります

 

〖果実〗は、気の巡りを整え胃の働きを正常にします

ビタミンCも豊富に含まれ美肌効果もあります

 

〖皮〗は、気を巡らせ胃腸の働きを正常にし

咳痰を鎮めます

 

成熟させて乾燥させたものを「陳皮(ちんぴ)」と呼び

生薬として扱われてきました

 

〖果実の筋〗は、痰や咳を鎮めるほかに、

気や血の巡りを良くする働きがあるので

食べる時はきれいに取りすぎないようにしましょう

 

みかんの爽やかな〖香り〗は、

“リモネン”という成分で

リラックス効果や気の巡りを良くして

胃腸の働きを活発にします

 

 

【是非、試してほしい

みかんの皮の有効活用法】

 

簡単に作れる陳皮の作り方をご紹介します

みかんの外皮をお湯で良く洗うか

40℃以上のお湯に3分漬けてワックスを落とす
(無農薬ならそのままで)

適当な大きさにちぎり

重ならないようにザルなどに並べて

一週間ほど天日に干せば出来上がりです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がった陳皮を1~2握り

布袋に入れて陳皮風呂にされると

血行が良くなり

肩こり・腰痛・肌荒れ・疲労回復効果が期待できます

湯冷めもしにくくなり、ポカポカ状態が続きます

※生の外皮でも代用できますが時間のある時に

干すだけで出来ますので作ってみて下さいね

 

妊活には、ストレスを溜めないことも大切です

自家製陳皮でゆったりバスタイム
お試しください

坂口

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

健康にも妊娠にも必要なビタミンD

2019年3月2日

こんにちは

今回は、

『健康にも妊娠にも必要なビタミンD』

のお話をします。

 

最近では、不妊治療で血中のビタミンDを計る病院があります。

 

理由としては、ビタミンDが卵子や着床、そして流産にも関わっている

という報告があるためです。

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンDは日光を浴びることで、

皮膚のコレステロールから生成されたり、

普段の食事から摂取されたりします。

 

[ちなみに骨の形成にも関わる栄養素なので、

不足すると骨粗しょう症などの恐れが出てきます]

 

しかし、現代人は不摂生や日光にあまり当たらないという生活をしがち。

そうなると、体もビタミンDが不足します。

 

骨粗しょう症も心配ですが、最近の研究結果によると、

 

  • AMHが低い人の血中ビタミンD濃度が低い
  • 習慣性流産を繰り返す人の血中ビタミンD濃度が低い

 

などの研究結果があります。

 

まだまだ研究段階のようですが、不足するのは健康にも妊娠にも

よくありませんね。

 

一番良いのは1日三食の規則正しい食生活と、栄養バランスの

とれた食事。その中で、ビタミンDを含む「魚介類(紅鮭など)」

「鶏卵」「きのこ類(特にキクラゲが良いようです)」が摂れていること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、「サプリメントで補っているから大丈夫」という方もいるかもしれません。

しかし、サプリメントなどで摂られる方は、摂取量には少し注意を。

 

なぜならビタミンDは、脂溶性ビタミンという

体内に蓄積しやすいビタミンであり

ホルモン様物質になります。

なので過剰摂取は、高カルシウム血症や血管壁などへの

カルシウム沈着を起こす事もあります。

過剰摂取には注意という事です。

 

なので、普段の食事で適度に摂取して

日光を浴びることが大切です。

 

どちらにしても、

何事もやりすぎないことが大切です。

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

血流をよくする

2019年2月19日

こんにちは
今回は、
血流を良くする作用のある「海苔」についてのお話です。

少し前にも、テレビでも海苔の話が取り上げられていました。

 

海苔には、妊活・妊娠中に必要な葉酸が多く含まれています。

 

血管を詰まらせたり、動脈硬化の原因になる一つに
体内にあるホモシステインという物質が影響しています。

 

実は、葉酸には
このホモシステインを分解する効果があります。

 

血管を詰まらせる物質が分解されるということは、
血行が良くなり、お腹への栄養供給も
スムーズになることに繋がります。

 

薬膳の考えでも
海苔は
化痰類(かたんるい)」に分類されます。

 

働きとしては

・化痰軟堅(かたんなんけん): 熱の邪による症状(黄色い痰など)を和らげる
・清熱利尿(せいねつりにょう): むくみ、尿の出が悪いのを整える

という作用があります。

 

さてそんな「海苔」ですが、
性質は、なんと身体を冷ます「寒性」なのです。

なので、冷え性の人は普段は食べ過ぎないように気をつけてください。

あとは、お腹が弱い人も、
食べ過ぎるとお腹が張ってしまうことがあるので注意が必要です。

ですが、過ぎなければ身体に良いので
適度に摂る事が良いです。

 

「そう言えば最近食べてないな…」という人は、
朝か昼か晩に1〜2枚でも摂られてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに今回はお味噌汁にあおさ海苔を入れてみました。
お味噌(発酵食品)の効果もあって、体も温まりますよ。

売られている「あおさ海苔」にもいろいろあるようで、
出来上がった味噌汁に入れるだけかと思いきや、
私が購入したのは、最初に水で戻してから使うタイプのものでした。
少し手間でしたが、海苔の香りがして美味しくいただきましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

友だち追加

 

 

 

 

【WEBでの予約はこちら】

患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で

初回の方は【お任せコース】を作っています。

2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。

どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。

 

 

 

【電話でのご予約・ご相談】

営業中は、もちろんお電話でもご予約・ご相談できます。

 

烏丸御池鍼灸院

3 / 10612345...102030...最後 »