当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯サイトも公開しています!

何か嫌だね。ホームページに不正アクセス

2017年4月22日

何か、最近、当院のアクセス数が
激減していると思ったら・・・
ポーページの制作会社に調べてもらったら・・・

当院のホームページにアクセスしようとしたら、
このホームページは第三者に改ざんされている
可能性があります。
・・・と、出てくるのです。

原因は、誰かが、ホームページを見れないように
していたようでした。

ホームページの問題は、制作会社に
解決してもらいました。

ですから、安心してホームページを
見ていただけるようになりました。

しかし、嫌だね。
ホームページを検索できないようにしようと
するなんて。
愉快犯か、それとも誰だろう。

現在、調査中です。
GoogleやYahooに
調査を依頼しています。

もし、悪さをした人がわかったら、
どうしたらいいでしょうね。
やはり、警察に被害届出さないといけないかも。

ネット社会は便利だけど、
嫌なこともありますね。

Omura

やっと妊娠できましたNo.18-最終回

続けて2回胚移植。
続けて2回流産。
心とカラダをメンテしをながら2ヵ月休養。
そして、最後の胚盤胞の移植へ・・・

Cさんは掻把の手術から33日目に生理がきました。
そして、生理3日目の診察で不育症の検査をする
ことになりました。
・・・の続きです。

Cさんは生理が始まって3日目の診察に
行かれました。
今週期はとりあえずタイミングを試すという
ことになり、当院には7日目に治療に
来られました。
タイミングをとった2日後と8日後、
高温期に2回ほど治療に来てくれました。

Cさんに不育症の検査はどうなったの
・・・と聞いたら、検査はまだしていない
とのことでした。
それに今回はタイミングをとった日が、
ズレているかもと言われました。

それはそれで、余り考えすぎない方が
いいのではと言いました。
タイミングはエクササイズという
考え方もあるから、日ごろから
愛を確かめ合うということも大切だからね。

結局、Cさんは生理が来てしまいました。
次の周期はAIH(人工授精)の予定で、
ご主人の精子を採精したら、精子が1匹も
見つかりませんでした。
その次の周期も、ご主人の精子は同じ状態
でした。

そして、ショート法にチャレンジ。
14個採卵。9個授精。4個の胚盤胞と1個の
3日目の初期胚をの計5個凍結できました。

今まで、鍼灸治療でカラダをメンテナンスしてきた
成果が表れました。

凍結胚移植に向けて、子宮鏡検査は
問題なしでした。

その後、自然周期の凍結胚盤胞を1つ移植。
結果はマイナス判定。
続けて、人工周期の凍結胚盤胞2つを移植。
結果、プラス判定。
でも、妊娠判定のマーカーが薄かったので、
ドクターは様子をみましょうと言われました。
1週間後、判定はマイナスになってしまい、
これが3度目の流産になってしまいました。

Cさんは町内会の役員をすることになったり、
仕事も忙しい。流産した心の痛みを癒す時間が
必要でした。
次の胚移植の相談を受けました。

今の状態で、余りにも心とカラダのバランスは
不均衡ですよ。自分でもわかっていると思うけどね。
2~3ヵ月、気持ちと忙しいことが収まるまで、
何もしない方がいいのではとアドバイスしました。

Cさんは、そうですよね。今の状態で慌てて
胚移植しても、結果が悪いような気がしますと
言われました。
そうだね、自分の調子がいいという感覚が戻るのを
待つことは大切だと思うよ・・・と言いました。

そして、2ヵ月後、体調が整ったところで、
最後の胚盤胞を人工周期で胚移植する
ことになりました。
胚移植までの2か月間も、Cさんは定期的に
当院に治療に来られました。

残っている最後の胚盤胞の移植のときの
当院の治療は・・・
生理から5日目は経血を出し切る治療。
人工周期の胚移植予定なので、11日目の治療は
子宮内をしっかり温めて子宮内膜を厚くするような
治療法です。
胚移植5日前の診察で、子宮内膜は11.2mm。
しっかりと子宮内膜は厚くなっていました。

胚移植当日、1日後、6日後も鍼灸治療を
しました。
カラダをリラックスさせ、高温期を
持続させる治療です。

判定はプラス。

Cさんはその後も、3回も流産を経験して、
とっても不安だということで、妊娠16週4日まで、
週に1回、当院に流産予防の治療に
来られました。

Cさんは妊娠20週5日で、
安産のお灸の練習にもう1回当院に治療に
来られました。

ご主人の精子の凍結はストロー2本。
あと1回の体外受精の分しかありませんでした。
もし、今回これで妊娠できなけれは、
最後の凍結精子を使って、顕微授精を
しなければなりません。
そこで、もし、授精すらしなかったら・・・
ご主人はまた痛い思いをして、
TESE(精巣精子回収術)をしなければ
いけないと思うと、Cさん夫妻は不安な日々を
送らなければならなかったでしょう。

Cさん、3回の流産をのり越えて、
良く頑張ったね。
当院の治療最後の日、Cさんは、
「本当にこんな日が来るなんて、
本当に本当に信じられません」
「先生、ありがとうございます」と
お礼を言って下さいました。

辛抱強く、当院に治療に来てくれて、
こちらこ、そありがとう。

Omura

P.S.
今回、20年以上のの時を経て、
出版することになりました。
恥ずかしながら、当院で本を購入して
いただいた方に、ご希望があれば、
サインをさせてもらっています。

それは、若いころ、
仕事で建築家の安藤忠雄さんの事務所に
伺うことがあって、
「君、この本あげるよ」と言って、
その場でサインしてくれた本をいただいた
事がありました。
何か嬉しかったということがあったからです。
世界的建築家の安藤忠雄さんのサインと、
小生のようなもののと到底、比べものには
なりませんけどね。
こちらこそ、ありがとうの気持ちを込めて、
「いつもありがとうの心で!」と一文
いれております。
感謝する心って、大切だもんね。

ゴールデンウィークの診察のお知らせ

2017年4月20日

ゴールデンウィークの診察のお知らせ

4月29日(土・祝)~5月6日(土)

(日曜日は休診です)

午前中のみ診察しています。
(午前10時~午後1時)

5月8日(月)~ 平常通りの時間になります。

烏丸御池鍼灸院

5月の無料カウンセリング

2017年5月の
無料カウンセリングの日程

1人で悩んでないで、良かったら不妊治療に関して
悩んでいることがあったり
疑問に思っていることがあったら、
当院に来られてみてはいかがですか?

今思っている疑問や問題の糸口が
みつかるかもしれません。

 5月 10日(水) 担当/大村

               13日(土) 担当/大村or安田

     24日(水) 担当/大村

     27日(土) 担当/大村or山崎 

午後1時~1時30分
(各時間、お一人、または一組)
(担当は変わることがございます。ご了承ください。)

病院でいろいろ検査をしたけれど、
特に問題はないと診断されても、なかなか妊娠できない。
タイミング療法を経て、人工授精、そして体外受精まで
ステップアップしたのに妊娠できない。

妊娠したけれど、流産をくりかえす。

二人目がなかなか授からない・・・など。

東洋医学的に見て原因や問題が
解決できるかもしれません。

当院ではなかなか妊娠できなかった人たちが、
今までに 1203組 がママ・パパになられています。

●東洋医学的に見て不妊原因はどのタイプに属するのか
診断いたします。
また、その解決方法のアドバイスもいたします。

●鍼灸治療はどのようにするのか、当院の治療の方法も
ご説明いたします。

●その他、不妊治療で疑問に思っていることなどがありましたら
ご相談ください。

カウンセリングの時間は30分くらいですが、
個別無料カウンセリングご希望の方は、

当院に電話でご連絡ください。
電話 0752412101

もし一人で悩んでおられるのなら、気軽にご相談ください。
少しはお力添えできると信じております。

Omura

笑っていいんや!

Nさんのひとこと。
笑っていいんや!

先日患者さんのNさん(40歳)と、
小生の出版された本の話をしていたときのこと
でした。

Nさん:
「先生、受け付けに本が置いてあったけど、
出版したの?おめでとうございます。」

大 村:
「ありがとうございます。いやぁ~、いろいろと
紆余曲折があって、本を出すことになって、
原稿を書くのにホトホト疲れてしまいました」
「でも、頑張ったおかけで、本屋さんに
置かれるようになりました。」

Nさん:
「どんな内容なんですか?」

大 村:
「タイトルはブログからとって、
やっと、妊娠できました。』やから、
今までのブログで書いたことの症例なんかを、
厳選したり、手直ししたりしたんだけどね。」
「とっても心に残るエピソードが入っているし、
ちょっと笑えることも書いてるけど・・・」
「それ以外に、私の今まで秘密にしていた治療法を
大公開しましたよ。

Nさん:
「そうそう、先生が笑える話って言って
ましたけど、私、ここに治療に来るように
なってから、不妊治療にきているのに、
笑っていいんや!と思えるようになったんです。」

大 村:
「いまの一言、何かググーッと胸に響くね。」
「とっても、うれしい言葉やなぁ。」
「患者さんに、そんなふうに言ってもらえると、
めっちやうれしいよ。」
「だって、烏丸御池鍼灸院には患者さんの
笑いが絶えないからね。」

Nさん:
「本当にそう思います。」
「病院の待合室は、何か静かだし暗い感じが
していて、笑ったらいけないような雰囲気でしょ。」

大 村:
「そりゃそうでしょ。不妊治療している病院の
待合室で、笑える雰囲気はちょっとないよね。」
「反対に笑っていたら、不謹慎な人と思われるかも
しれないしね。」

Nさん:
「だから、笑ったらいけないと思っていたし、
診察結果が悪かったら、落ち込むしね。」
「でも、ここでは、何か笑ってもいい雰囲気あるし、
治療してもらうと、もやもやした気持ちも
晴れますよ。」

「最近、主人から愚痴が減って明るくなったね
・・・と、言われたんです。」

大 村:
「きっと、ご主人もNさんが明るくなって、
良かったと思ってたんだ。」
「良かったね。」
「Nさんが言ってくれた、笑っていいんや!の
フレーズ、ブログで使わしてもらっていいかな?」

Nさん:
「是非どうぞ。ブログ楽しみにしてます。」

確かにNさんのひとことは、とっても胸に響きました。
先の見えない不妊治療をしていると、
辛い結果に心が重く涙することも多いかもね。

今回出版した本には、
辛く先の見えない不妊治療をのり越えた方たちの
エピソードを12話ほど入れました。
みなさん、心が前向きになったころ、
妊娠されていたように思います。

あらためて、心とカラダのバランスを整えて、
心が前向きになれることの大切さを、
今回はNさんから教えてもらいました。

Nさんはまだ不妊治療中です。
AMH検査も1以下の数値で、なかなか
不妊治療とさよならできていません。
でも、もう少し頑張ってね。
きっとチャンスがやってくると思うから。

Omura

Amazonの新着ランキングで第3位

2017年4月19日

本日、2017年4月19日(水)に、
小生が書いた本が出版されました。

タイトルは、
『 やっと、妊娠できました。 』
~とある不妊治療専門鍼灸院の
心が前向きになるお話~

Amazon (アマゾン)でも、
購入できますよ。
出版は、主婦の友社です。
・・・なんて、恥ずかしくも宣伝している
訳でございます。

当院のブログの中で、
「本を出版することになりました」の
タイトルをつけて、本を出版するに至った、
裏話的なことを書いている最中です。
ちょっと気になってAmazonで、
本当に売られていの・・・と思い、
ちょっとドキドキしながら検索してみました。

ちゃんと、売られていたのでホッとしました。
本のことを検索したら、新着ランキングの
ページが出てきて、どんな本があるのかな~と
思っていたら・・・あれれれ!!!

なんと、Amazon.co.jp新着ランキングの
「妊娠・出産の新着ランキング」のカテゴリで、
第3位でした。

Amazon.co.jp新着ランキングの
「不妊症の売れ筋」のカテゴリで、
第41位でした。

100位にも入っていないと思っていました。
えぇ~、マジっすか?
どえりゃ~、びっくりです。
何で名古屋弁になったのだろう・・・?
まぁ、とにかくめっちゃくちゃ、びっくりと
言うことです。

何せ、発売初日ですよ。
早速、本を購入してくださった方が、
たくさんおられたのですね。
本を購入してくださったみなさん、
ありがとうございます。

不妊治療をされていて、
なかなか妊娠できていなくて、
悩んでいる方たちの参考になればと思い、
この本を書いた訳ですが・・・

できれば、奥様だけではなくて、
ご主人にも読んで欲しいと思っています。

それに、まだ、不妊治療をされていなくて、
子供を望んで1年以上経っているカップルにも
読んで欲しいと思います。

ご両親やいろんな方たちにも、読んでいただければと
思います。

本の内容の中に、不妊治療を乗り越えた方たちの
エピソードを入れていますが、
不妊治療をするって、
どれだけ大変かと言うことを知っていただければと
思います。

当院に治療に来られている患者さんのほとんどが、
結婚したら赤ちゃんがすぐに授かると思っていた
からです。
婦人科を経て、不妊治療専門病院に転院して、
高度生殖医療の治療をしても、
なかなか赤ちゃんを授かることができていない
方たちが、世の中にどれだけいるかと言うことを、
知っていただければと思います。

どうか、この本を手にする機会があって、
不妊治療を乗り越えられる何かのきっかけが
できますように願っております。

Omura

本を出版することになりました-③

2017年4月18日

昨年の春に主婦の友社の方と話をする機会が
できて・・・
で、話が終わっていたと思います。

一度、東京の主婦の友社で話をしてから、
その後、編集デスクの方から連絡がありました。

先生のお話を聞いて、会議にかけたところ、
前向きに出版の話になりましたとのこと。

その後、本の内容の方向性を決めるために
もう一度、編集デスクの方と話をしました。
そして、2週間~3週間連絡が無かったので、
この話は無かったことになったのかな・・・と
思っていました。

それはそれで、良いのかもしれないと思っていました。
本当に本を出版することになると、
多分、かなりの労力と時間が必要に
なってくるだろうから・・・。
それでなくても、患者さんの治療に
専念するのに多忙だからです。

そうこうしているうちに、主婦の友社の
編集デスクから連絡が入り、
本の内容は「マンガ」のタイプで考えていますと
言うことでした。
時代と言うか、今、マンガタイプの本の
売れ行きは好調とのことだそうです。

一瞬、いや~、ちょっと違うんだけど・・・と
思ったのです。
マンガ形式にすると確かに「不妊治療」という
テーマを分かりやすく、ライトな感じで読者の方に
読んでいただけるねでしょう。
だけど、自分の20年以上の経験をマンガで・・
えっ・・・どうすべきかなぁと、
ちょっとやる気が失せたのは事実です。

でも、出版社の方が考えているのだから、
きっとマンガ形式にする方が、難しいテーマを
読んでいただける方が増えるかもね・・・と、
自分でも思いました。
でも、何かが納得いかないんだなぁ~。

そこで、自分の正直な気持ちを編集デスクの方に、
伝えることにしました。

「原稿を書いてみますので、それを読んでから
どのようなタイプで出版をお考えなのか正直な話を
聞かせてください」と、お願いしました。

よくゴーストライターが話を聞いて、原稿を
まとめるという話を聞いたことないですか?
結構、そんな類の本も多いかもと思います。

原稿を書きますから・・・と言った手前、
書かずにはいけませんよね。
マジで原稿を書くって、本当に大変でした。

世の中で一番苦手なことが、数学と作文。
学生時代、数学はからっきしのダメ男でした。
作文は、みんな何となくは書くけれど、
人様に読んでもらうものって、作文レベルでは
きっとダメでしょう。

全然、自信なんか無かったけど、
自分の思っていることを伝えるには、やっぱり
自分がやらなくては・・・と思い、
徹夜が続くこと2ヵ月くらいだったかな。
一応、出来上がった原稿を編集デスクの木村さんに
ワードのデータをA4サイズで450枚くらい
送ったのでした。

後で聞いた話ですが、木村さんに送った
ワードの原稿量が多すぎて、パソコンがパンクして
フリーズしたそうです。

to be continued
Omura

 

『 やっと、妊娠できました 』大村先生本表紙最終
~とある不妊治療専門鍼灸院の
心が前向きになるお話~

4月19日(水)、全国の書店で
発売されます。
Amazon (アマゾン)でも、
購入できますよ。
出版は、主婦の友社です。

やっと妊娠できましたNo.18-⑥

自然周期の胚盤胞凍結胚移植の予定から
人工周期に切り替えて、妊娠。
ですが、また流産をしてしまいました。

Cさんは、自然周期で凍結胚移植を予定していたので、
予定通り生理から12日目に病院の診察に
行かれたのですが・・・

の続きです。

生理12日目の診察で、卵胞は左に13ミリが
1つ育っていました。
卵胞がまだ小さいので、次は16日目の診察です。
何と13ミリだった卵胞は消滅してしまい、
9ミリくらいの卵胞が、別に2~3個育っていました。

13ミリだった卵胞は、しぼんでしまった
可能性が考えられるでしょう。
または、小さいまま排卵してしまったか・・・?

しぼんでしまった卵胞はもともと質が悪い状態で、
成熟する力が無かったのだと思います。

ドクターは自然周期の凍結胚移植の予定だったのを、
人工周期の凍結胚移植に切り替えられました。
Cさんは診察のあったその日から、
エストラーナテープを貼ることになったのです。

生理から22日目の診察で、採血。
子宮内膜は11ミリになっていました。

当院でのCさんの鍼灸治療は、
生理から6日目、13日目、22日目の3回でした。

Cさんはエストラーナテープを貼ってから、
13日後に胚盤胞の凍結胚を1つ移植されました。
これは、凍結できていた最後の胚でした。

判定はプラス。妊娠されました。
ですが、胎嚢も心拍も確認できて、
不安がありつつもちょっと安心したころの
診察で・・・。
妊娠8週を過ぎたころの診察で、
ドクターが赤ちゃんの成長が少し遅いねと
言われたようです。
結局、妊娠9週と5日目の診察で、
赤ちゃんの心拍はストップ。
そして、掻把の手術。

Cさんは、またも流産されてしまいました。

今回の流産は染色体の異常なのか、
不育症が原因なのか、それとも受精卵そのものの
生命力が無かったのか、定かではありません。

Cさんは掻把9日後に当院に治療に来られました。
再び流産して、そして掻把の手術でCさんの心は、
もうボロボロでしょう。
疲れた心とカラダを癒す治療を心がけました。
そして、妊娠時の子宮内膜がなるべく
残らないようにする治療もかねておこないました。

もし、子宮内膜が残っていると、β-hCGの値が
ゼロになりません。
次に生理が来るのが遅くなってしまうか、
もし生理が来ても血中ホルモンのバランスが崩れて、
次のステップに進めなくなり、
1周期~2周期も無駄な時間を過ごさなければ
ならないかもしれないからです。

Cさんは掻把から16日後にも当院に
来ていただきました。
そのときに、不育症の検査をしてみてはどうですかと、
Cさんにアドバイスしました。

Cさんは、まだ不育症の検査をしてなかったのです。

Cさんは掻把の手術から33日目に生理がきました。
そして、生理3日目の診察で不育症の検査をする
ことになりました。

次回、最終回です。

to be continued
Omura

ゴールデンウィークの診察のお知らせ

2017年4月15日

ゴールデンウィークの診察のお知らせ

4月29日(土・祝)~5月6日(土)

(日曜日は休診です)

午前中のみ診察しています。
(午前10時~午後1時)

5月8日(月)~ 平常通りの時間になります。

烏丸御池鍼灸院

本を出版することになりました-②

右の写真は、出来上がった本です。

『 やっと、妊娠できました 大村先生本表紙最終
~とある不妊治療専門鍼灸院の
心が前向きになるお話~

4月19日(水)、全国の書店で発売されます。
Amazon (アマゾン)でも、購入できますよ。
出版は、主婦の友社です。

宣伝がバッチリ入って、すみません。

前回のお話は、
自分の鍼灸整骨院で地域の患者さんの
治療をしつつ、不妊治療専門クリニックの
鍼灸外来を週に2回に増やしました・・・
で終わりましたね。

その後、週に2回の病院の外来でも予約が
追いつかなくなってしまい、結局は自分の
鍼灸接骨院に不妊クリニックに通院されている
患者さんが毎日こられるようになりました。

地域の患者さんの治療をしつつ、週に2回の
鍼灸外来。
毎日、不妊で悩まれている患者さんの治療で、
忙しすぎて、毎日多くの患者さんの治療をすることが、
いつの間にか苦痛に感じるようになっていたのです。

本を書くということに関しては、
時間ができれば、ゆっくりと原稿をためてから、
いつか不妊治療に関する本が出せればいいかなぁ、
くらいの気持ちでいました。

ですが、余りにも多忙だったため、
原稿を書きためるということから、一日一日、
日を追うごとに気力も薄れていきました。

このままでは、自分の心とカラダのバランスが
崩れてしまい、鍼灸整骨院を続けていくことが、
嫌になってしまうのでは・・・と不安を抱きつつも
自分なりに頑張っていたのですが、
限界を感じ7年間で鍼灸整骨院を閉める決意を
したのです。

当院のホームページを開けば、
「心とカラダのバランスを整える
癒しの鍼灸治療で妊娠力をパワーアップ!!」
と書いていますが、
心とカラダのバランスを崩している人が、
いかに多いかを知っているから、
このフレーズが生まれました。

大学を卒業して、就職しサラリーマンに
なりました。
その後、自分の道を決意して退職してから、
6年間も勉強して、鍼灸師と柔道整復師の
2度の国家試験を経験して、
好きな仕事に就けたのに・・・。

開業もできて仕事も順調に行っていたのに・・・。
多忙で毎日がいっぱいいっぱいの生活。
そして、
心とカラダのバランスが崩れてしまった
経験があるから、いつかこの経験を活かして、
患者さんに寄り添える治療ができればいいなぁと
思うようになったのです。

そのためには、まだまだ未熟な経験と技術を
スキルアップしなければいけないと思い、
40歳を過ぎて、留学を決意したのです。

上海に1年半、サンフランシスコに1年留学しました。
準備をいれて約3年、仕事を休むことになったのです。

海外留学で得た知識、外国の人とのコミュニケーションの
取り方、外国で生活するということがいかに
大変かということを経験しました。

帰国後、京都の足立病院の不妊治療センターで、
鍼灸サロンを開設させていただき、約3年間
不妊治療センターの患者さんの治療に
携わることになりました。

2010年に烏丸御池鍼灸院を開院。
今まで、延べ1200人以上の妊娠に
携わってきました。

この経験をどうにか本にできないかなぁと
思うようになったのは、この1年ほどです。
20年ほど前に立ち消えになっていた、
出版の話。

あの時、主婦の友社の編集者の方が、
「大村先生、本を書いて見られてはいかがですか?」
「全国には、不妊治療で悩んでいる人が
たくさんいますから」
・・・と、ポツリと言われたのが、
ふと脳裏に記憶とともに映像になって甦ったのです。

そうか、20年前と違って、あの時よりは
技術もですが、人間的に経験も積んで一回りは
大きくなったと思います。
不妊治療で悩んでいる方のために、
自分にできることの一つに、本を書くことかも
知れないと思ったのです。

そして、去年の春に主婦の友社の方と
お話をする機会を得たのです。

to be continued
Omura