当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
携帯サイトも公開しています!

夏バテ解消の新常識・・?

2015年9月4日

先日、おはよう朝日ですを見ていて、けさのクローズアップの
コーナーで「夏バテ解消の新常識」というのをやっていました。
生活に役立つ情報なので、かいつまんでご紹介しましょう。

夏バテの体のだるさ・食欲不振・汗が止まらない・寝付きが悪いなどの
症状は自律神経の疲労からくるもので、その原因は寒暖差や紫外線の
影響だとうこと。
自律神経は生命活動を調節してくれる神経で、血圧、脈拍、呼吸、消化管などに
関連してきます。

また、朝夕の寒暖差やエアコンの使い過ぎで自律神経が疲れてしまって、
その働きを鈍くしてしまいます。
そして夏の紫外線を多く浴びることによって、大量の紫外線から体を守ろうとして
体が疲れてしまうのも夏バテの原因です。

じゃあどうすればいいの・・・ということになりますね。
テレビで紹介していたのは、紫外線対策でサングラスや帽子を活用しましょう
でした。
目に紫外線が入ると自律神経を興奮させてしまい、自律神経の調節ができなくなって
しまうからです。

夏バテ対策の食事は鶏のムネ肉、まぐろ、かつおの赤身がおすすめと言うことでした。
これらの食材にはイミダペプチドが多く含まれているからです。
鶏のムネ肉は一日に100gくらいを、朝に食べるようにすると良いとのことでした。

鶏のムネ肉は水からゆでて、チキンブイヨン・塩・コショウで味付けして、
ゆで汁に一晩漬けて冷ますと、水分が肉に戻りジューシーになります。
棒棒鶏にしてもいいし、サラダに入れてもいいし、スライスしてポン酢や
みそベースのドレッシングでいただくのも美味しそうですね。

以上はテレビで紹介されていたものを取り上げましたが、
イミダペプチドの話は結構前からいろんな健康番組で取り上げていたので、
新常識!!でもないと思うのですが、夏バテに良い内容だったので
ご紹介しました。

Omura

寒と熱

2015年9月2日

1441166285136治療に来られる患者さんを見ていると、舌自体の色が真っ赤な人や
逆にピンクというよりも色が薄く白っぽい人を見かけることがあります。
これらの人は、特に風邪などの急な病気にかかっているのでなければ、

・赤→熱がこもっている
・白っぽい→芯が冷えている

という見方をします(白っぽい場合は、血が足りないなどのとらえ方もします)。
もちろん、どちらのも気や血の流れが悪い状態なので、
子宮や卵巣への栄養供給がうまく行えていない状態ともいえます。
「そんな時はどうすればよいの?」
ということですが、もちろん鍼灸治療を受けることで流れは
良くなっていきますし、食事や生活の心がけでも改善はみられることでしょう。
熱も冷えもストレスが原因の場合も大いにあるので、日ごろのストレス軽減は必要です。
セルフケアとしては食べるものを気にすることが一番手軽かもしれませんね。

例えば、舌が真っ赤で熱がこもっている人は、熱を冷ますものや
喉の乾きを和らげてくれるトマト・れんこん・緑茶なども良いです。
夏野菜は体を冷ましてくれると言います。

写真の方は舌の苔が黄色っぽくなって、まだらに剥がれている状態で、
舌の苔の量が全体的に少なくなっています。
体にできた内熱で舌の苔が消耗されて、新しい舌の苔が作られていません。
このような方は「気」のパワーが少なくて、「陰陽の陰」も少なくて
体にこもった熱が悪さをして全体的に火照ります。
寝汗もかきやすいです。
カラダにめぐる血液量も少なく、巡らせる力が弱いので皮膚は乾燥ぎみになります。
卵巣も子宮も潤いが少なく、卵胞や子宮内膜の状態が悪くなってしまっています。

このような患者さんは「気」と「陰」を補うツボを使います。
そして「血」を増やすツボも使います。

しかし、熱がこもっているからと言って、冷たくした飲み物や食べ物を取り過ぎるのは
逆効果になります。もちろん、熱いときは冷えたものがほしくなりますが、
とりすぎると胃腸機能が下がり逆に悪くなります。冷たいものというより、
体を冷ます食材を心がけましょう。そして、何事も摂りすぎることには注意。
過ぎるは禁物ですね。

舌が白っぽく冷えている人は、やはり温めてくれるもの。
生姜も良いですし、カボチャそしてエビも良いです。生姜のように香辛料として
使われるものは体を温める効果がありますね。

アロマなら、熱のこもっている人はペパーミントのメントール効果で
スーッとしても良いですし、冷えのある方には血流を良くしたり温めたりしくれる、
レモン・ローズマリーもよいですね。
好きな香りでリラックスすることが良いと思います。

安田  No.4

Tさんのメール

2015年8月28日

先日、Tさん(34歳)から、出産の報告のメールがありました。
ちょうど8月11日にご紹介した「Hさんのメール」と同じ時期に
メールをいただき、Tさんにもメールの内容をご紹介していいか連絡しましたら、
どうぞ役に立つのならと言ってもらいました。

ちょっと、ご紹介しましょう。

大村院長 他皆々様

お久しぶりです。
3月までお世話になっていました、Tです。
ご報告が遅くなりましたが、7月に元気な女の子を無事出産しました。

2日前に破水から即入院になり、47時間たっての出産になりましたが、
その間もいろいろと山あり谷ありで、想像を超えてました…

最終は、促進剤を使い、そこからは4時間半だったので効きが良くて
安産だったのかと思います。
頭が正方向ではなく、横を向いて出てきたようで、先生にもよく出れたねと言われました。笑
初めてお腹の上に置いてもらった時、自分が泣くのを想定してましたが、
意外と冷静でホッとしたのだけを覚えています(*^^*)
その点主人は、一番に主人に抱っこさせるのが私のバースプランの一つでしたが、
そのかいあってか父性の目覚めは早く、初めて抱っこした瞬間から溺愛しております。笑

私がその後1600cc超えの大量出血で、2回目の止血も完全に止まらずだったんですが、
輸血も早い判断でしてもらえたので、持ちこたえて京大病院搬送はなんとか免れました。。

なので、産んで2時間後には部屋に戻って赤ちゃんと…と思ってたのですが、
産んだ直後に見たくらいでまともに抱っこすらできず、会えたのは丸一日経ってからでした。。
これも想定外でした。
お産って人それぞれにドラマがあるようですが、それを身にしみて実感しております。

ここまでの道のりを入院中ふと思い起こすこともあったのですが、
振り返れば仕事と治療の両立に悩んだり、辛いこと涙したこと
一喜一憂したこと…いっぱいあったはずなのに、
思い出すのは幸せなマタニティ生活の記憶がほとんどです。

ちょうど2年前の7月に先生のところにお世話になる決心をし、
足を踏み入れたおかげでこうして2年後の今、我が子を抱くことができました。
2年前には想像もついてなかったです。

いつもおっしゃって頂いたように、もっと早くに電話してたら…と思います。。

院長はじめ、他の先生方にもいろいろと親身に話を聞いて頂く場を持て、
仕事の疲れや治療のストレスを発散させてもらいました。
最終帝王切開にまで至らなかったのも、安産のお灸のお陰だと思います。

入院は私の貧血治療で1日伸びるだけですみ、4日に我が子とともに無事退院でき、
実家で両親にお世話になっています。
主人の実家は初孫、私の実家は久しぶりの3人目の孫に皆が喜んでいます。

また、いつの日か院長先生にはお世話になる日もあるかと思いますが、
それまで、同様にお悩みになってるかたの為にも、1日も長く
先生が現役で元気に続けて頂けることを願っています。

お話してました、友人の○○○○さんですが、
再度先生のことをお勧めしておきましたので、カウンセリングに行かれた
際はよろしくお願いします。

では、退院時の写真と我が子の写真を送ります。
この思い描いた姿で退院できたのも、本当に先生達のお陰です。

まだまだ暑い日が続きますが、お身体に気を付けてお過ごしください。
またお会いできる日を、楽しみにしております。

・・・と熱いメールをいただきました。
Tさんともご縁があって良かったです。
Tさんも治療させていただき卒業された会社の同僚のKさんのご紹介で
来られました。
もし不妊治療で悩んでいたら、カウンセリングに来てみてください。

Omura

友人に三陰交のお灸を勧めたら・・・妊娠した

2015年8月26日

Nさん(38歳)が妊娠されてから流産予防の治療に来られました。
もう妊娠11週に入って、次の診察のあと、もう1回鍼灸治療したら
先ずは卒業になります。
次は20週に入ってから、安産のお灸の練習に来ていただきます。

Nさんは妊娠前に治療の一環で三陰交のお灸をしていました。
ご自身でも、三陰交のお灸を心がけてしていたようです。
もちろん、ちゃんとした場所にしないと、三陰交のお灸は効果が無いので、
当院でどこにするのか、どれくらいするのか患者さんと一緒にレッスンしています。

Nさんは三陰交のお灸も効果があって妊娠できたのではないかと実感していたので、
不妊治療している同じ年の友人にも三陰交のお灸をしてみたら・・・と勧めたようです。
その友人は人工授精を6回しても結果が出なくて悩んでいたらしいです。

7回目の人工授精の前にNさんからアドバイスされて、三陰交のお灸をしてみたら、
妊娠されました。

友人にいいアドバイスできましたね・・・良かった。
でも、三陰交のお灸をしない方が良いタイプの方もいるので、
一概にお灸が妊娠体質をつくるとは言い切れません。

三陰交のお灸は基本的に妊娠のためにお灸をするのですが、
お灸をしない方が良いタイプの人がいるので、
鍼灸院の先生に聞かれた方がいいと思います。

ちなみに、Nさんの友人は妊娠されたので、お灸はお休みするように
アドバイスしました。
次に三陰交のお灸を開始するのは、20週に入ってから、安産のお灸を
すればいいと思います。

ただ、風邪をひいて熱が出ているときや、火照りがキツイとき、
そして体調がすぐれないときはお灸はしない方がいいと思いますよ。

Omura

天橋立の近くのパワースポット

2015年8月25日

皆さんお盆はいかが過ごされたでしょうか?
家でゆっくりされた方、それぞれ故郷に帰られた方、
いつも通りお仕事だった方、様々だと思います。

私はお盆期間は、お休みをいただいて久しぶりに故郷に帰りました。

私の故郷は京都府北部の丹後地方にある与謝野町という小さな町です。7f74700fbbef12ba3ca7345e1f927ef0_s
周辺には山もあり海もあり自然に囲まれて、絹織物の丹後ちりめんが
特産の町でもあります。
隣接する宮津市には日本三景の一つである天橋立があり、多くの観光客が来られています。

天橋立は宮津湾と内海の阿蘇海を隔てていて全長約3.6キロメートルの長さがあり、
ここには海水浴場もあるので夏にはたくさんの人が海水浴を楽しんでいます。
そして文殊山の山頂にある展望台からの眺めは、龍が天に登る姿に見えることから
飛龍観と呼ばれる景色が楽しめます。

また天橋立の北側にある元伊勢籠神社はパワースポットでもあり、
毎年多くの方が参拝に来られる有名な神社があります。
元伊勢籠神社は天照大神が伊勢神宮に祀られる前に祀られていた神社で、
「お伊勢さんのふるさと」といわれていて、本殿には籠神社と伊勢神宮にしか
許されていない五色の座玉があるため、格式高い神社としても有名で、
その為にパワースポットとして全国から参拝に来られるようです?

不妊治療をされている方は仕事や家庭、そして治療に対して
多くのストレスや悩みをお持ちです。
ストレスは不妊症にとても深く影響されるので、気分転換やストレス発散を
適度にされるのもいいかと思います。

その一つとして、観光地でありパワースポットでもある私の故郷をご紹介させていただきました。
もし機会があれば、気分転換に旅行も兼ねて一度行かれてはいかがでしょうか?

夏は夏でいいですが、冬は冬で雪景色も見れ、新鮮な海の幸も堪能できると思いますよ。
遠出をしなくても京都市内にはたくさんのパワースポットがあるので、
休日にでもパワーをもらいに出かけられではいかがでしょうか?
いい気分転換にもなると思いますよ。

山崎(No.4)

烏丸御池鍼灸院のフォーチュン・スウィーツNo.13

2015年8月20日

あおざしからりの「あげもち」

今回ご紹介するのは、あおざしからりの「あげもち」。         1439954871235
Tさん(38歳)が妊娠のお礼にと言って持ってきてくださいました。
Tさんは二人目の不妊症でした。
一人目のお子さんはは33歳のころ自然妊娠して現在5歳。二人目を望んでもなかなか
妊娠できないので体外受精に踏み切り、凍結胚盤胞移植を2回したものの
妊娠に至りませんでした。

足立病院の生殖内分泌医療センターに置いてある、
不妊サポート情報誌「ふっくら」を見て当院を知り治療に来られました。
すでに採卵済みで、4個の胚盤胞の凍結胚がありました。

受精卵は胚盤胞になるのに、なかなか妊娠できないのは着床に問題があり、
質の良い子宮内膜を作るために当院に来られたのです。

Tさんの治療は短くて済みました。
生理中と生理後の2回の治療。スーパーライザーのみの治療を1回。
胚移植の前日、2日後、6日後の3回。
凍結胚盤胞移植に合わせて、計6回の鍼灸治療で妊娠されました。

あおざしからりのあげもちはサクサクの食感がとっても口の中で広がって
美味しかったです。
いただいたものは、特選チーズ、明太子、ショコラ、プレミアムからりの四つの味でした。
あおざしからりのホームページを見てみると、たこやき、醤油、きなこ、
みたらし味なとバラエティ豊かです。

京都限定でショコラからり京都抹茶味もありますよ。
どうぞご賞味してみてください。

会社はあの「萩の月」を作っている会社でした。
へぇ~。
店舗は京都の伊勢丹の地下1階、大阪梅田の伊勢丹地下2階にあります。
ホームページは、下をクリックして下さい。

あおざしからりのあげもち

Omura

やっと妊娠できましたNo.6-⑤

2015年8月14日

Nさんはその後、人工凍結胚移植を2回されましたが、
いずれもマイナス判定でした。

もう凍結胚がなくなってしまったので、また採卵しなければなりませんでした。
そこで、担当ドクターはアンタゴニスト法での採卵の提案をされ、
採卵することになりました。

その時に相談を受けたのですが、Nさんにはクロミッドで自然周期の採卵が
合っているように思うのだけど・・・ドクターの指示に従って下さいと言いました。
卵胞のグレードの悪い人にアンタゴニスト法はどうかな・・・と思うからです。

患者さんにいろいろと病院の方針や治療法を聞かれることが多いのですが、
提案はしますけど、最終的に病院の方針に従って下さいとお願いしています。

ただ、「へぇ~、そんな方法もあるんですか」と言われることも多く、
提案後にご自身でドクターに相談され、採卵の方法や治療方法を
変更される方も少なくありません。
その結果、妊娠につながったということも多いです。

最終的にNさんはアンタゴニスト法で採卵することになりました。
卵胞は7個育ち、採卵できたのは4個。そのうち2個が良好でした。
あとの2個は授精したものの不良でした。
ですが、5日目まで分割がすすみ胚盤胞凍結できました。
以前は授精3日目までもつかどうかだったのが、5日目まで分割して
胚盤胞になるようになったのは進歩でした。

ただ、グレードがBC評価で決して良くはありません。

2ステップで新鮮胚移植が決まり、授精3日目と5日目に2回に分けて
胚移植されましたが、結果はマイナス判定でした。
受精卵のグレードが基本的に悪い人に、2ステップで胚移植する時は
もう一つが5日目の胚盤胞にならなければ、3日目の移植だけになってしまいます。
今回は鍼灸治療を受けられるようになってから、胚盤胞まで育つようになってきましたが、
それでも妊娠に至りませんでした。

胚盤胞になった2個の凍結胚を1回ずつ人工周期の凍結胚移植されましたが、
判定はマイナスでした。

もう5年ほど同じクリニックに通っているので、転院しようかどうか相談を
受けました。
気分転換もあるし、治療法を変えるのもいいと思うよ・・・と背中を押したのは
良いのですが、Nさんが転院を考えていたのは子宮内膜を再生させる方法の
クリニックでした。

「先生、どう思いますか・・・?」
「ん~、微妙だね。それだったら、○○クリニックの方がいいと思うけど」
「良く考えてみます」
・・・と話をしました。

Nさんは不妊治療でいろいろ考えてしまい、どうすればいいか判断ができなく
なっていたようです。
それでも望みを託して、2013年から子宮内膜を再生させる方法にチャレンジされることになりました。

to be continued
Omura

Hさんのメール

2015年8月11日

先日、以前治療に来られていたHさん(37歳)から
出産しましたと、ご報告のメールをいただきました。
Hさんに了解を得て一部をブログで紹介させてもらいたいのだけど・・・と
お願いしたら早速返信がありました。

大村先生へ
こんにちは。
お忙しい中、お返事ありがとうございます。
もちろん、使ってもらって大丈夫です!

私は比較的、スムーズに子供を授かった方だと思うのですが、
それでも先の見えない不安に押しつぶされそうになりました。
そんな時に烏丸御池鍼灸院で色々なお話を聞けて、リラックスできて、
精神的なケアもしてもらえたように思います。
なので、私と同じように悩んでいる人がいれば、ぜひ紹介させてもらいます。
その時はよろしくお願いします。

・・・なんと、ありがたいお言葉。

さて、Hさんからいただいたメールの一部をご紹介したいと思います。

こんにちは。
以前、お世話になりましたHです。ご無沙汰しております。

遅くなりましたが、7月に○○○○グラムの元気な女の子が産まれました。
お灸の指導をして頂いたあとに逆子も治り、通常分娩で出産することができました。

3年程前、病院で不妊治療をしないと、赤ちゃんは望めないと言われ、
目の前が真っ暗になりました。
その時に烏丸御池鍼灸院の事を知り、できることはなんでもしようという
気持ちで通い始めました。
そして、赤ちゃんを授かり、二人の子供のお母さんになる事ができました。
本当にありがとうございました。
諦めなくてよかったです。これからも、がんばって子育てしていきたいと思います。

皆様も暑い日が続きますが、お身体に気をつけてお過ごしください。
本当にありがとうございました。

・・・という内容です。
Hさんは一人目がなかなか妊娠できなくて当院に来られました。
当時は33歳で、若いということもあって、治療期間は約6ヵ月。
比較的短くてすみました。
二人目の時の治療期間は約2ヵ月でした。
一度妊娠して、出産を経験されているので傾向としては一人目よりも
妊娠しやすい状態を鍼灸治療で作りやすくなるからです。

Hさんが妊娠・出産できたのも、「あきらめなかったから」だと思います。

ただ、Hさんの場合は妊娠をあきらめなかったから卒業できた例ですが、
不妊治療の現場では、最後にはあきらめなければならない人もおられます。
両手を上げて喜べないのが現実です。
このブログを読まれて当院で長く治療に来ているのに・・・と思われる患者さんも
おられると思いますが、個人差があるので気分を害されたらごめんなさい。

妊娠体質のための鍼灸治療は、やはり年齢が若い方が効果が早く現れます。
どうしようか・・・と、悩んでおられたら、無料カウンセリングもありますので、
先ずはご連絡してみてください。

Omura

ラタトゥイユで気と血を補う

2015年8月5日

先日、ある患者さんが「 病院の診察に行った帰りに、
寄っていく〇〇で、〇〇を飲むことにはまってるんです。」
とおっしゃられました。
その時、私が最近はまっているものってあるかしら、・・・と、
ふと考えたのですが、はまっているといえば、、ラタトュイユかなと思いました。

なぜかというと、料理が簡単で今旬の夏野菜がたくさん食べられるからです。5f60a6c28173611053c5e7e6f18f5148_s
ラタトュイユは有名ですし、作られる方も結構いらっしゃると思いますが、
私の場合はにんにくをオリーブオイルで炒めて、ほぼ同時ぐらいに
ズッキーニとなすびを炒め、しんなりしてきたらトマトのぶつ切りをいれ、
あとは塩コショウとハーブ(オレガノやタイムバジル)で味付けをして、
数分煮てできあがりです。

たくさんトマトを食べられるので、気に入っています。
トマトに含まれるリコピンには強い抗酸化力があり、紫外線によるダメージ
からお肌や目を守ってくれます。
がんの予防(肺がんや、前立腺がん)でその有効性も認められているそうです。
ドクターが体の事を考えてとる食べ物の上位にもあがって
いました。

また、治療中も時々お話させていただいているのですが、
東洋医学では、赤い食べ物には血を増やしてくれる効果があるとされています。

不妊治療をされている患者さんのタイプに気血両虚(きけつりょうきょ)と
いうタイプがあります。
気が少ないからパワーが無くて、全身に血液を巡らせない。
血が少ないから子宮や卵巣を十分に栄養できないくて、
なかなかいい卵胞が育たなかったり、子宮内膜がいつも薄かったりします。

そして、陰虚(いんきょ)というタイプの人は気が上って汗をかくけど、
下半身は冷えている。または全体的に体を冷ます力が弱いので、
ずっと体が火照っているというタイプの方がおられます。

ご紹介したラタトゥイユにはズッキーニやなすびも入っているので、
体が火照ったときは冷やして食されるのもいいでしょう。
温かいラタトゥイユは火を入れているので、体を冷ますことはありません。
ちゃんと体を温めてくれます。

にんにくやオリーブオイルも調味料として使っているので、気と血を補って
夏バテ対策にもなりますね。

トマトのリコピンは脂溶性ですので、生で召し上がられるなら、
サラダにしてドレッシングを、またオリーブオイルなどで調理すると、
吸収率がアップするそうです。
そういう意味でもラタトュイユは血を補うのにぴったりですね。

ラタトュイユについて少しだけ調べてみたのですが、ラタトュイユは
フランスのプロバンス地方、ニースの野菜煮込み料理で、軍隊などで
だされる粗末な料理としてフランス人の口にあがることもあるとありました。
けれども立派なおいしくて栄養のある家庭料理ですね。
個人的にトマトが大好きということもあり、ラタトュイユにはまっています。
みなさんもよろしければ、夕食などの一品に作ってみられてください。

太田(No.3)

中医学的アロマ講座 1 ストレスコントロール

2015年8月4日

鍼灸やアロマでストレスコントロール

先日、久々に泣きました。テレビドラマを観て。

ドラマの内容はさておき、笑うことや泣くことは身体に良く、
大切なこととされます。笑うことで産生されると言われるβ-エンドルフィンは
免疫力アップなど、ストレスによって生じる免疫力低下を補ってくれるし、
泣いて涙を流すことはストレス物質を排出してくれるとも言われます。

ちなみに鍼灸治療においてもβ-エンドルフィンが出ることが確認されているようです。

「やっと妊娠できましたNo.6」にもあったように、不妊治療においても
通院・家庭・仕事など理由は様々ですが、ストレスを抱えている方が多く
いらっしゃいます。

そしてストレスこそが不妊の最大の原因になっていると言われることもあります。
引っ越しなどで環境が変わったことによるストレスで、一周期生理が
こなかったということも良くある話です。

仕事や家庭のストレスなど、根本的な原因を取り除くということは
なかなかできませんが、話をしたり笑ったり、鍼灸治療でリラックスして
落ち着いた気分になったりすることは、不妊治療の中でも助けに
なってくれることでしょう。

香りなどが好きならば、アロマによりストレスで乱れた体の調整をしても良いでしょう。

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系で気分を高揚させても良いし、
サンダルウッドやフランキンセンスのようなお香のような香りで
心静かに過ごしても良いでしょう。お湯に2~3滴たらして足浴してもいいですね。

今まで、いくつかアロマオイルの使用を勧めてきましたが、
今回は少しだけ注意事項も書いてみようかと思います。

①妊娠初期はアロマオイルの使用は避ける。妊娠中期・後期は
毒性の強いものや子宮を刺激するようなものは避ける
流産を促したり、刺激に敏感になっていたりするためです。

②妊娠の可能性のある時は子宮を収縮作用のあるもの、ホルモン作用の強いものは避ける。
着床の妨げになる可能性があるためです。

例としては、ローズ、ゼラニウム、クラリセージ、ラベンダー、
ペパーミントなどがあります。
その他もたくさんありますが、妊娠初期以外ならオレンジなどの柑橘系は
使用可能とされます。
飲み過ぎなければ、ペパーミントティーは胃腸にに良いです。
ですが、オイルマッサージなどで体に使うのは避けた方が良いでしょう。

あとは、皮膚刺激が強いものもあるので、ヒリヒリして不快な場合などは、
使用しない方が良いでしょう。

あと、妊娠の可能性のある時期は、
指圧のような強いマッサージも子宮を収縮させる効果があるとされるので注意が必要です。

長くなりましたが、ストレスコントロール、大事ですね。

鍼灸師・ホリスティクセラピスト
安田(No.3)