当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
携帯サイトも公開しています!

8月の個別無料カウンセリング

2014年7月30日

★8月の個別無料カウンセリング 8月16日(土) 午後1時30分、2時30分 病院でいろいろ検査をしたけれど、 特に問題はないと診断されてもなかなか妊娠できない。 タイミング療法を経て、人工授精、そして体外受精まで ステップアップしたのに妊娠できない。 東洋医学的に見て原因や問題が解決できるかもしれません。 当院ではなかなか妊娠できなかった人たちが、 今までに900組以上がパパ・ママになられています。 個別無料カウンセリングを受けて見られてはいかがですか? その内容は、 ●東洋医学的に見て不妊原因はどのタイプに属するのか診断いたします。 また、その解決方法のアドバイスもいたします。 ●鍼灸治療はどのようにするのか、当院の治療の方法もご説明いたします。 ●その他、不妊治療で疑問に思っていることなどがありましたら、できる範囲でお答えいたします。 カウンセリングの時間は30分くらいですが、個別無料カウンセリングご希望の方は、 当院に電話でご連絡ください。 電話 075-241-2101 一人で悩んでないで気軽にご相談ください。 妊娠への道筋が見えてくるかもしれません。 少しはお力添えできると信じております。 ●ちょっとエピソードをご紹介しましょう。 先日、当院に来られて妊娠され、13週4日で流産予防の治療を終えた I さん(40歳)とのお話。 体外受精を繰り返してもなかなか妊娠できなくて、 もうどうしていいのか自分でかわからなくなってしまい、 このままではだめだと思い精神科に行かなければと思って ネットで病院を探していたらしいです。 何故か当院のブログが出てきて、ホームページを見てみたら 不妊治療専門の鍼灸院だということで電話していただいたようです。 自分一人で悩みを抱えてて頭の中がいっぱいでオーバーヒートしていたようでしたが、 治療に来られていろいろと相談に乗っていただいたので、 乗り切れたと言っておられました。 で、「結局、精神科に行ったの・・・?」と聞いたら、 「精神科には行ってません。先生の所に治療に来てから、気持ちが落ち着いたから」 ・・・と言って下さいました。 不妊治療の鍼灸院を探していたわけではないのに、 インターネットを通じてでどこかでご縁が繋がっていたんでしょうねと言うと、 本当にそうかもしれませんという返事でした。 ここに治療に来て本当に良かったと言われるのは 仕事冥利に尽きますね。 I さん(40歳)の詳しいお話は、これも「やっと妊娠できましたシリーズ」で ご紹介することにしましょう。 Omura

祇園祭2014 後祭(あとまつり)復活

2014年7月24日

2014年の祇園祭の山鉾巡行は2回もあります。image
7月17日は前祭(さきまつり)と言って、
全国の皆さんがよ~くご存知な山鉾巡行を観るために
日本全国から、外国から観光のお客さんが多く京都にやってこられます、

今年は約50年ぶりに後祭が復活ということで、
この日も京都市内は人でごった返しています。
当院は烏丸御池の交差点北東の角にあるため、
前祭と後祭の山鉾巡行が目の前で見れる特等席。

後祭の山鉾は烏丸御池から東に向かって京都市役所の前を通り、
河原町通り下がり四条通を西に向かい四条烏丸の交差点に到着するのが
午前11時50分頃。
烏丸御池が出発点なので約2時間ちょっとのタイムスリップですね。

写真は17日の前祭で当院の前と近くで撮影したものです。
優雅で悠久の歴史を感じさせますね。
何事も一長一短にはいかない。
歴史の積み重ねがあるから現代にその優美な姿を京都の町に
映し出しているんですね。

少しずつでも積み重ねるということが一歩進むことになるんだと
不妊治療の現場で患者さんを治療していて感じます。
あと一歩前絵進めば夢が叶えられるというところまできている
患者さんも多いです。
不妊治療で疲れていてあと一歩が踏み出せなかったり、
届かなかったりして治療が停滞していたり後退していたりされているようです。写真 (4)
鍼灸治療は妊娠してママになるというその願いの一歩をお手伝いできると
信じていますし、今までに900組以上の患者さんのお手伝いをさせていただきました。
なかなか妊娠に至らなくて・・・と悩んでおられましたら、
鍼灸治療もお試しになってはいかがですか。

さて、話は元に戻りまして祇園祭って何の祭り?と思っていませんか。
僕も良くは知らなかったのですが、疫病退散を祈願する
八坂神社の神事なんですね。
神事の中心となる7月17日の神幸祭(しんこうさい)と
7月24日の還幸祭(かんこうさい)にあわせて、
17日に前祭の山鉾巡行、24日に後祭の山鉾巡行をする
ことが習わしになっていたようですが、
この50年ほどは後祭が無かったようです。

大暑も過ぎ夏到来。
水分をこまめに補給し体調管理をしてくださいね。

Omura

くまモン発見 in 岡山

2014年7月21日

写真 (1)エスカレーターを降りている最中に、
岡山駅前の特設ステージに立っていたのはあの黒いキャラクター。
「あれっ!くまモンがいるやん、何で・・・?」と思ったら、
駅前には各都道府県のPRのためのテントが張られていた。
20くらいあったでしょうか。

ステージでは司会のお姉さんが
「は~い、みなさん。そろそろくまモンとお別れの時間がやってきました」
「これからくまモンがポーズをとりますから、写真を撮ってくださいね~」と言って、
くまモンはサービス心旺盛で、両腕を開いたり、横向いたりとしてくれました。
前列で必死にシャッターを切っているのは、お姉さん、お兄ちゃん、おばさん、おじさんの
大人たち。子供たちのためにみんなシャッターチャンスを狙っています。

僕はすかさずポーチからスマホを取り出してとりあえず手を上に伸ばして連写。
どうやらいい写真か撮れたのでみなさんにお披露目します。

やっぱりくまモンはかわいいですね。
去年、熊本に旅行した時に買ったキーホルダーを使わずにいたら、
引っ越しの際にどこかの段ボールに紛れ込んでしまっていたのを
思い出しました。
今度時間があったら探してみよう・・・なんて思っていたら忘れてしまうんですよね。
だからやっぱり、「今でしょ」。もう古い感じがしますね。
でも思い立った時に早めに行動するのは良い点が多々あります。

患者さんによく相談されることがあります。
・続けて採卵した方がいいですか?
・受精卵は凍結にした方がいいですか?
・受精卵は胚盤胞にした方がいいですか?
・流産して掻把したあと、どれくらい休めばいいですか?
・体外受精をいったん休んでタイミングに変えようと思うのですが?
・ショート法がいいですかロング法がいいですか?それともアンタゴニスト法?
・クロミッドで採卵しにくくなってきたけどどうすればいいですか?
・なかなか良いグレードの受精卵ができないのですが、良くなりますか?
・いい受精卵はできるけど、いつも内膜がうすくて、治療したら厚くなりますか?
などなど・・・。

患者さんからの質問はいっぱいあります。
病院で詳しい説明を受けてらっしゃらない方が多いように思います。
できる範囲で患者さんの質問にお答えしているようにしています。
患者さんの疑問に思っていることや質問にお答えすると、
「な~るほど」とよく言われます。
または、「ホッとしました」とか「安心しました」とか。

不妊治療をどう乗り切ればいいか治療が長くなるほど疑問や不安、
迷いが生じてきます。

もう20年近く不妊治療の現場にいるといろんな人の治療をさせて戴きました。
みんな不安で仕方がないですよね。
くまモンのように会ったら人をホッとさせるような治療所になりたいですね。

8月もカウンセリングを予定しております。
日程が決まりましたらブログでまたお知らせします。
どうぞご相談に来てください。

Omura

美味しいお菓子がいっぱい

2014年7月15日

先日患者さんから妊娠20週目の最後の治療の日に
御礼と言ってお菓子をいただきました。
夏場だから少し日持ちのするものと思ってクッキーなどの
焼き菓子でした。

それにしてもこんなにたくさんいただいていいのだろうか?
かなり高かっただろうなと思います。
Mさん、ありがとう。

いただいた焼き菓子がとっても美味しかったので、
ご紹介しましょう。
自分で買ってみてもよし、気に入ったら贈答の一品に加えてもいいですね。

写真はMさんからいただいた「レ・フレール・ムトウ」のお菓子です。ムトウ
ホームページは上の名前をクリックしてみてください。

10年間も不妊治療で辛い日々を送っておられたMさん(39歳)。
彼女の妊娠までの過程は、「やっと妊娠できましたNo.2」
後日ご紹介しましょう。

下の写真は妊娠14週になってこれから安定期に入って
ちょっと鍼灸の治療はお休みになるSさん(39歳)からいただいた焼き菓子。
同じ日に同じような焼き菓子をいただいて当院は焼き菓子がいっぱい。
本当に気を使っていただいてありがとう。
こちらは右京区西京極にある「パティスティー・オペラ」の商品です。
どちらも甲乙つけがたくとっても美味しかったですよ。

オペラ

Sさんが妊娠できた苦労話などのエピソードも「やっと妊娠できました」シリーズ
後日ご紹介したいと思います。

Omura

排卵を遅らせる鍼灸 3

2014年7月7日

前回、排卵を遅らせる鍼灸の1~2で、
実際の症例をご紹介させていただきました。
不妊治療の鍼灸を始めた20年ほど前は僕も鍼灸師として
まだまだ未熟者でした。
患者さんの体調を整えて妊娠の準備のための治療をするのが
精一杯で、今のような月経周期に合わせた治療法ではありませんでした。

臨床経験を積み、多くの患者さんに出会い少しずつ試行錯誤を重ねて
現在の治療法にたどり着いたのです。
女性の生理周期に着目するようになったのは、
上海に留学して現地の大学病院の臨床をするようになってからでした。
上海中医薬大学の大学病院での治療は主に
脳こうそくや脳出血で全身の麻痺や片側だけが麻痺する片麻痺の患者さんを
専門にされていた陳先生に指示しましたが、
麻痺の治療以外に様々なことを学びました。日本に帰ってきて
上海留学で学んだことを臨床の場で活かそうと思っていた矢先に
足立病院の不妊センターで鍼灸治療をやってみないかとお誘いを受けたのです。
上海留学前にIVF大阪クリニックとIVFなんばクリニックで不妊治療専門の鍼灸治療で
多くの方が妊娠された実績をかわれてのことでした。
足立病院での不妊治療専門の治療は留学で学んだことと今までの経験を
活かすことのできる場となりました。

排卵を遅らせる治療法も多くの患者さんが採卵前に排卵していて
困ってしまっている人が多かったのです。
患者さんに、「排卵を遅らせてくれたら採卵できるのに」・・・と、
ポツリと言わりることが多かったので、
排卵を遅らせる鍼灸治療に取り組むようになったのです。
試行錯誤しながら、不妊治療に良く効くツボを使いながら臨床を重ねて
現在の方法にたどり着いたのです。

東洋医学の「陰」「陽」とがつくる陰陽理論をベースに考えれば
排卵を遅らせることは可能なのですよ。
卵胞が早く成長しすぎたり、LHと卵胞の成長のバランスが悪かったりして
排卵が早まるのは体を冷ます力の「陰液」が少ない人に多いように思います。
下半身は冷えているけど上半身はのぼせる。
また全体的に低温期なのに手足が火照る。高温期だとなおさら火照り感が
強くなり、寝汗を良くかきのどが良く乾くような症状がみられます。
「腎陰虚」タイプですね。

また日ごろから下半身もお腹も冷えてしまって、なかなか体が温まりにくい
というタイプの冷え症の人も排卵が早まる傾向にあります。
血行が悪く子宮と卵巣に血液がスムーズにいきわたらなくて、
卵胞が成長するのに必要な時間を待たずに排卵してしまうという
タイプの人もおられます。
こちらは反対に「腎陽虚」タイプに属します。

どちらも「気」のパワー不足がベースにあります。
それぞれのタイプに合わせて排卵止めの鍼灸のツボはかわってきます。
採卵のときに排卵してしまっていてなかなか採卵できなくて・・・と
お悩みの方がおられましたら、当院の治療にトライされてみてはいかがですか。

Omura

7月の個別無料カウンセリング

2014年7月2日

★7月の個別無料カウンセリング
7月12日(土) 午後1時30分、2時30分
7月16日(水) 午後1時30分、2時30分

病院でいろいろ検査をしたけれど、
特に問題はないと診断されてもなかなか妊娠できない。

タイミング療法を経て、人工授精、そして体外受精まで
ステップアップしたのに妊娠できない。

東洋医学的に見て原因や問題が解決できるかもしれません。
当院ではなかなか妊娠できなかった人たちが、
今までに900組以上がパパ・ママになられています。

個別無料カウンセリングを受けて見られてはいかがですか?
その内容は、

●東洋医学的に見て不妊原因はどのタイプに属するのか診断いたします。
また、その解決方法のアドバイスもいたします。
●鍼灸治療はどのようにするのか、当院の治療の方法もご説明いたします。
●その他、不妊治療で疑問に思っていることなどがありましたら、できる範囲でお答えいたします。

カウンセリングの時間は30分くらいですが、個別無料カウンセリングご希望の方は、
当院に電話でご連絡ください。

電話 075-241-2101

一人で悩んでないで気軽にご相談ください。
妊娠への道筋が見えてくるかもしれません。
少しはお力添えできると信じております。

Omura

烏丸御池鍼灸院オリジナル『排卵を遅らせる鍼灸 』2

2014年6月27日

さて、今回は排卵止めの具体的な事例をご紹介します。

1)Hさん 40歳

生理9日目で卵胞2個(30mm、16mm)。
2日後に採卵決定。
主席卵胞がかなり大きく、排卵リスクが高かったが、
主席の排卵を遅らせつつ16mmを育てた結果、
無事2個とも採卵できた。

2)Mさん 47歳

生理24日目で卵胞17mm。LH50.46
2日後に採卵決定。
LHサージがかなり出ているので、翌日の排卵濃厚だったが、
無事採卵できた。

3)Tさん 48歳

生理8日目で卵胞30mm尿検査でゴールドサインあり。
1日後に採卵決定。
卵胞の大きさとゴールドサインから排卵のリスクが高かったが、
無事採卵できた。

4)Sさん 46歳

生理21日目で卵胞19mm。LH80.6
1日後に採卵決定。
LHがほぼピークに近いため、いつ排卵してもおかしくなかったが、
無事採卵できた。

5)Oさん 40歳

生理9日目で卵胞2個(17mm、16mm)。
Drから2日後採卵の指示だったが、仕事の都合で5日後に採卵決定。
今まで、2日後採卵でも排卵済みが何度もあったので、
早めに排卵止めを行う。
3日後(生理12日目)の経過観察では、卵胞(22mm、21mm)、
卵胞は大きくなっていたがまだ残っており、
5日後(生理14日目)の採卵時、無事全て採卵できた。

6)Hさん 41歳

生理9日目で卵胞2個(28mm、24mm、13mm)。
3日後に採卵決定。
卵胞の大きさにバラツキがあったが、
無事、3個とも採卵できた。

7)Tさん 42歳

生理12日目で卵胞2個(17mm*2)。LH82.97
1日後に採卵決定。
LHがほぼピークに近いため、いつ排卵してもおかしくなかったが、
無事、2個とも採卵できた。

上記の例は、いずれも、もし排卵止めを施さなかったら、
恐らく、全て排卵していたと思われるケースばかりでした。

自然周期の採卵で、過去に排卵済みで採卵に至らなかった方、
タイミングや人工授精で排卵を遅らせたい方、ご相談ください。

そして、次回は、
排卵止めがキッカケで妊娠された例もご紹介させていただきます。

田内

烏丸御池鍼灸院オリジナル『排卵を遅らせる鍼灸 』1

2014年6月21日

当院は、京都の烏丸御池に不妊専門鍼灸院として開業して、約4年間が経過しました。
コンセプトは、『生理周期に合わせたオーダーメイドの周期療法』。
その象徴的な施術の一つとして、今回の『排卵を遅らせる鍼灸』があります。

自然周期で採卵された方の中には、
排卵済みで採卵出来なかった苦いご経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
採卵、そして移植とスケジュールを空けていたのに、
育った成熟卵胞を取り逃がすと、本当にガッカリですよね。

一般的には、ご年齢が高くなると、早期で排卵するリスクが上がります
あるいは、ホルモンバランスの乱れが原因で、排卵のリスクが高くなることもあります。
病院では、排卵止めの注射で対応する事もありますが、
卵子の劣化を招いたり、排卵間近にはもう手遅れだったりしますから、
万全とは言いがたいです。
また、最近は、鎮痛剤で排卵を抑える病院も増えてきましたが、
それでも、確実に採卵ができる訳ではありません。
そんな時、駆け込み寺のようにご相談に来られます。

そこで当院では、
「過去に排卵済みで採卵出来なかった経験がある患者さん」
「卵胞の大きさやホルモン値の状態で排卵のリスクが高い患者さん」
などの限定したケースに対して、
排卵を遅らせて採卵や人工授精に間に合うように
施術させて頂いております。

全国の不妊鍼灸院を見渡しても、『排卵を遅らせる鍼灸』を実践しているのは、
当院の他に見当たらないと思います。

2011年11月~2014年5月末 の期間において、

施術数   408例
成功数   358例  (採卵または、人工授精に間に合った事例)
排卵済み  50例
成功率   87.7%

平均年齢  43.2歳
排卵止めがキッカケでの妊娠 20例(5%)

採卵出来るということは、妊娠のチャンスが広がることを意味しますし、
勿論、その結果として妊娠に至ったケースは20例もあります。

次回、もう少し詳しいデータをご報告いたします。

田内

朝粥生活② クコの実

2014年6月18日

前回はクコの実は・・・で終わってしまい、 その間に妊娠の報告や個別無料カウンセリングの案内などで、 朝粥生活①の続きが遅くなってしまいました。 さて、クコの実はナス科枸杞(クコ)の果実です。 生薬名は枸杞子(くこし)といい漢方に使われます。 効能は目の疲れや視力の低下に効果があり、 血液を補い滋養強壮に良いとされます。 特にクコの実は不老長寿の食材として古代中国で使われ、 日本では平安時代くらいからクコ酒やクコ茶などで 食されるようになりました。 最近の研究ではクコの実は抗酸化作用がビタミンCの6倍もあるという報告や 日焼けによる炎症を抑える効果もあることがわかりました。 葉は枸杞葉(くこよう)。おひたしにしたり、クコ茶にしたりします。 ご飯に混ぜてクコ飯にもします。 根皮を地骨皮(じこっぴ)と言い、これも漢方に使われます。 東洋医学的に体力が無くて疲れやすくて、貧血気味の 気血両虚(きけつりょうきょ)のタイプの人に効果があります。 「気」も「血」も不足していると、 体を温めにくくなり冷え症になってしまいます。 「気」と「血」が不足気味になると子宮や卵巣に十分に 血液が供給されないため、子宮内膜が厚くならなかったりとか、 卵巣に卵胞が育ちにくくなります。 せっかくグレードの良い受精卵を移植しているのに妊娠に至らないのは、 受精卵が着床して育つのに十分な子宮内膜の厚みがなかったというのも ひとつの原因と思われます。 血液を補ってくれる食材は基本的に赤色の食材です。 赤色でなくても血を補ってくれる食材はありますが、 今回はわかりやすく赤色の食材をいくつか挙げますと・・・ クコの実、ナツメ、人参、パプリカ、トマト、ライチ、牛肉の赤身、 レバー、マグロ、いちご、赤カブ、ラディッシュ、リンゴ、 さくらんぼ、金目鯛、とうがらし、小豆、カニ・・・等々、いっぱいあるでしょ。 ただ食するときに白色、黄色、黒色、緑色、紫色の数種類の食材と組み合わせて バランスよくいただくのがベターですね。 ちなみに、生理中は青魚を食されると生理がスムーズに出ますよ。 そして生理が終わりかけの頃から赤色の食材をいただいて、 失った血を補うといいと思います。 補血をするわけですね。そして「気」を補う食材も必要になってきます。 「気」を補う、補気の食材は次回ご紹介しましょう。

Omura

不妊治療の内容を理解して受診していますか?

2014年6月14日

『十分な説明を受けないまま診察が終わった。』 『説明されたが、難しくて理解できなかった。』 『質問するタイミングを失ったまま、次回の案内をされて終わった。』 冒頭でご紹介させていただいたのは、 不妊専門病院に通院されている患者さんの大多数の声です。 不妊治療は、様々な専門用語が飛び交っています。 ホルモンの名前やその数値、 いろいろな検査項目、 排卵誘発剤の種類(飲み薬、注射)・・・ 本来、担当のドクターから説明を受けて、 理解してから治療に入ることが望ましいと思います。 しかし、ご自身の治療内容を理解されている方は、 ごく少数にすぎません。 原因の一つとしては、 どこの不妊専門病院も患者さんで溢れていて、 十分に説明する時間を取れないのが大きいのかも知れません。 そこで、当院では、患者さんからのご要望があれば、 通院のお手伝いをさせていただくこともあります。 次回は、何の目的で診察に行くのか? 処方された薬の意味は? 診察時に何を質問すれば良いのか? 診察目的がハッキリすれば、 治療効果も違ってくるのではないでしょうか? 鍼灸施術も同じです。 当院では、周期療法を行っています。 その名の通り、 生理周期によって、施術内容が違ってきます。 東洋医学的に見たタイプによって、施術内容が違います。 病院の治療経過によって、施術内容を変えます。 つまり、毎回、施術内容が変わります。 そして、目的をハッキリさせてから施術します。 患者さんにもその旨をご説明しておりますし、 それによって、施術効果が上がると信じています。 病院も鍼灸院も、妊娠というゴール(目的)は同じです。 相乗効果を上げていくためには、同じベクトルで併用することが望ましいです。 しかし、病院が鍼灸院の方針に合わせることはほぼありませんので、 鍼灸院が、病院の治療内容を正確に理解して合わせていくことになります。 病院の治療経過に合わせてながら、進めていく鍼灸。 ご興味がありましたら、ご相談ください。 田内