当院へのお問い合わせ

東洋医学による不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院 電話番号 お問い合わせフォーム
ネット予約

バックナンバー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
携帯サイトも公開しています!

ペットNo.32 患者Kさんの愛犬 ピノコちゃん

2014年4月29日

世間はGW真っ最中、人によっては11連休もあるようですが、
当院は、日曜以外、祝日も休まず診療致しております(夜診が無い日もありますが)。
不妊治療をされている皆さん、連休中は、治療のことから離れて、
ストレスから開放される時間も作られては如何ですか?
という訳で、今回は癒しのブログで癒されてくださいませ。

患者Kさんの愛犬 ピノコちゃん(パピヨン、8歳、♀)

撮影の合間に撮ってもらったのが下の写真。
よく見ると、二本足で立って、
『ちょうだいちょうだい』している絶妙な瞬間のベストショットです。
Kさんのお気に入り写真だそうですよ。
私もワンコを飼っていますが、あんな絶妙な瞬間の写真は撮れたためしがありません。

そんなKさんはというと、
病院の経過に合わせて鍼灸やスーパーライザーをご案内していますが、
この時期、花粉症に悩まされてティッシュを手放せない程ひどかった鼻炎が、
まるで嘘のように改善し、鼻をかむ回数も激減したそうです。
しかも、ホルモンバランスが整ったためか、お肌もキレイになったと喜んでおられました。
まだ、不妊治療中ですが、鍼灸、スーパーライザーにピノコちゃんの癒し効果が加われば、
鬼に金棒。
ピノコちゃん、これからもKさんを癒し続けて、妊娠へと導いてくださいね。

今後も皆さんの癒しのペットをご紹介ください。
犬、猫、ウサギ、ハムスター、金魚・・・どんなペットでも構いません。
できれば、写真とペットについての一言コメントを送ってくださると、なお嬉しいです。
ご投稿は下記のペット写真投稿メールをクリックしてください。
タウチが責任を持って掲載させていただきます。

あるいは、『こんな料理を作ってみたよ!!』という写真も合わせてお待ちしております。

写真投稿メールはこちらをクリック


pinoko

卵子だけでなく精子も35歳から老化

2014年4月25日

WHO(世界保健機構)の不妊原因に関する調査によりますと、 男性のみに原因があるのが24%、 女性のみに原因があるのが41%、 男女ともに原因があるのが24% 原因不明が11%となっています。 晩婚化や高齢出産が進む現在では、 女性に原因があることの方が多いのですが、 一方で、男性側にも問題があるケースが半数近くに達しています。 その最も大きな原因として考えられているのが「精子の老化」。 最近の研究では、男性も35歳を過ぎたあたりから精子の老化が始まり、 運動能力・耐久力・生存期間が減少すると言われています。 先日、精子の老化によって受精能力が低下する可能性があるという研究結果が、 独協医大越谷病院(埼玉県)から報告されていました。 『男性不妊外来を受診した男性のうち、 明らかに精子の形態や運動能力に異常が見つからない80人分の精子を採取。 精子の能力を調べるために、マウスの卵子に顕微授精させて、 分裂を促す活性化能力があるかどうかを調べた。 その結果、 35歳未満の男性の精子では約7割に活性化能力があったが、 35~39歳では62%、 40~44歳では52%、 45~49歳では39%と、 35歳を境に低下した。』 当院に不妊治療で訪れる患者さんのなかでも、 男性にも原因があるケースは確かに増えています。 当然ですが、女性側だけが改善しても、男性側の改善がなければ妊娠は成立しません。 男性不妊の中には、精巣や前立腺に疾患をお持ちのケースもありますので、 一度、専門病院で検査をされることは大切です。 しかし、一方で、原因不明のため処置がないケースや、 手術をしても改善が乏しいことも多いのが現状です。 そういう場合、是非、鍼灸にトライなさってみてください。 当院の鍼灸やスーパーライザーで精子数・量・運動率が改善した例は、 いくつもあります。 あるいは、精巣や前立腺に疾患をお持ちのケースでも、 泌尿器科で治療をしながら鍼灸を利用されると、効果が上がりやすいですよ。 例えば、慢性腰痛がある場合、それは生殖力の低下を反映しているサインでもあります。 腰痛を改善していくように処置してあげれば、精子力アップに繋がっていきます。 あるいは、強いストレスが原因だと考えられるケースもとても多いです。 実際、当院に来院されるご主人を施術させていただくと、 ほとんどの男性に強いストレスのサインが出ています。 それと、経験上、卵子よりも精子の方がストレスには敏感に反応します。 病院の治療でストレスを軽減することは難しいですが、 鍼灸やスーパーライザーには大きなリラックス効果があります。 それによって、精子の改善を促していきます。 患者さんそれぞれのタイプによって違ったアプローチの東洋医学、 ご興味がおありでしたら、一人で悩まずに、ご相談ください。 田内 ※ちょっと前になりますが、私のお気に入りの桜並木。 賀茂川沿いの桜トンネル。北山大橋東詰から北上していったところ。 sakura2014

過去のブログを見るには・・・

2014年4月23日

最近、患者さんと過去ブログの事でお話させていただいた時のことです。

『胚移植後の過ごし方はどうしたらいいですか?』

『2013年11月に掲載した「胚移植後の過ごし方」の過去ブログを、
お時間の空いたときにご覧になってください!』

『えっ、過去のブログは見れるんですか?』

『もちろん見れます。こうしてここをクリックしていただくと・・・』

『初めて知りました。』

こういうやり取りがその後も複数の患者さんとの間で続きました。

皆さん、声を大にして言います。
過去のブログは全て遡ってご覧いただけますよ。

1)トップページを開いてください。
2)ブログ『スローでええやん』マークをクリック。
3)最近のブログがいくつか繋がって見れます。

4)左下の○月をクリックすると、○月のブログが出ます。
 (現在なら3月の表示をクリック)
5)これを繰り返すと、遡っていけます。

妊娠報告
何が起こるかわからへんシリーズ
ペットシリーズ
タヒチシリーズ・・・

これまで、約3年半。
いろいろなテーマについて書いてきましたので、
ご覧になってくださいませ。

もし、説明がよく分からない!という方がおられましたら、
タウチまで、お気軽に直接お尋ねください。
もしくは、お電話くださいませ。

田内

※ブログのページ。左下のカレンダー表示に注目してください。
blogpage1

※カレンダーを拡大したところ。
下の『<<3月』をクリックすると3月のブログがご覧になれます。
これを繰り返していただくと、どんどん遡って見れます。
blogpage2

何が起こるかわからへんNo.13-④ 受精卵が黒く濁る

2014年4月17日

前回の話では今周期は採卵予定でした。
クロミッド2錠を5日間処方され月経が始まって
11日目で卵胞チェックをしたのですが・・・。
で話が終わっていましたね。
今回はその続きです。

鍼灸治療は7回目の頃です。
この周期はクロミッド2錠を処方されましたが
出てきた卵胞は1個だけでした。
おかしいなぁ~とY さんは思っていたそうです。
いつもはクロミッド2錠を処方されると3~4 個の卵胞が出てくるのですが、
たった1個しか卵胞は育たなかったのです。

Y さんはちょっと不安になったかもしれませんね。
せっかく体質改善のために鍼灸治療を始めたのに、
出てくる卵胞の数が減るなんて・・・と思ったことでしょう。

僕はY さんに説明しました。
人間にはバイオリズムがあるから、体調のいいとき悪い時があります。
卵巣の働きもいいとき悪い時があります。
ずっとクロミッドで強制的に卵巣を働かせて息切れ状態で出てきた卵胞は
受精したときに質のいい受精卵になっていないことが多いと思います。
本来なら薬を使わないで自然に選ばれた主席卵胞が1個出てくるはずなのに。
「お願い、卵巣がちょっと休ませてください」と
悲鳴を上げていると思いますよって説明しました。

実際、Y さんの今までの経過で、採卵して受精させたら
受精卵が黒く濁って死んでしまっていたからです。
何回やっても同じような結果でした。
黒く濁って分割がすぐに止まってしまう受精卵を
移植するわけにもいきませんからね。

初診で来られて治療も48回目になっていました。
Y さんは途中で心折れそうに時もいっぱいありました。
でも、可能性を信じて僕ももう少し頑張って、移植できるグレードの
卵胞が育つようになったら妊娠の可能性があるからと励ましました。

この時2個採卵して、1個受精しました。YさんD3
その時の卵胞は写真に出ているものです。
写真はY さんに許可を得て撮影させてもらいました。
何と受精卵は黒く濁っていません。
1年半ぶりの胚移植でした。
3日目の新鮮胚を移植して妊娠されました。
6月にはママになる予定です。

Y さんは時間がかかりましたが、根気強くあきらめずに
がんばったからいい結果が出せたと思います。
不妊治療されている全員がいい結果を出せるわけではないのですが、
何もしないよりはできる範囲で体質を改善することは
妊娠への一つの道しるべだと信じています。

Omura

2013年 妊娠報告(124名) No.4

2014年4月12日

2013method

今回は、妊娠方法別の集計をしました。

タイミング  19名 (2012年 15名、2011年 11名)

人工授精   13名 (2012年 11名、2011年 5名)

新鮮胚移植 37名 (2012年 26名、2011年 10名)

凍結胚移植 55名 (2012年 61名、2011年 46名)

比較のため、2012年、2011年の同様データは、 こちらをクリック
または、トップページの妊娠報告を参考になさってください。

上記のデータを踏まえて、
各妊娠方法別の詳細を妊娠例を見ていきます。

1)タイミングでの妊娠

タイミングで妊娠するためには、いくつもの関門があります。

女性ホルモンのバランスが整っていること。
卵子が成熟して排卵していること。
精子数や運動率が妊娠可能な範囲にあること。
卵管が通っていること。
基礎体温が低温期、高温期の2層になっていること。
卵管采が正しく卵子をキャッチしていること。
卵管内で受精していること。
受精卵が子宮に戻って着床していること。

上に挙げた西洋医学的な問題点はあるのか?
東洋医学的な問題点はあるのか?
我々スタッフは、患者さんと一緒に考えて行きます。

但し、重要なのは、完璧を求めないこと!
基礎体温がキレイな2層にならなくても、
精子の状態が良くなくても、
以前より改善していれば妊娠のチャンスはあります。

次回以降に、その実例をご紹介させていただきます。

田内

時にはティーブレイク

2014年4月4日

写真 1写真 2最近はどうも不妊治療の情報ばかりのブログに
なってしまっていたように感じていました。
今回の田内先生のブログを読んで、「はっ!」と気づかされました。
もとはちょっと癒されるブログをスローな感じで書いていこうというのが
コンセプトだったはずなのに・・・。

もともとこのブログを始めたのは不妊治療をされている 方たちにいろんな情報を提供したり、時にはコーヒーブレイクで見てもらって、
リラックスできるような、ちょっと笑えるようなブログにしたかったからなのですが・・・。
何故かちょっと肩ぐるしい情報ばかり書いていたように思います。
あらためて反省ですね。

今回は「何が起こるかわからへんNp.13-4」をご紹介しようと思っていましたが、
次回にして、ちょっとかわいい写真をどうぞ。

ほっこりと言えば、当院では週替わりでハーブティーの
セルフサービスをしています。
10種類以上あります。
待合に来られてちょっと治療の番を待っている間や、
施術後にほっこりしていただければと思いお出ししております。
今まではどの種類のハーブティーかわからなかったのですが、
プーさんの前の写真縦の中に、今週のハーブティーの紹介をするようにしました。
わかりやすいでしょ。
プーさんも可愛いですね。
これは僕が4~5年前にUFOキャッチャーでゲットしたものです。
最近はプーさんも見かけなくなりましたが、
やっぱりプーさんを見てると笑顔になりますね。

辛い不妊治療の毎日で心が疲れてしまっている方は多いと思います。
時にはティーブレイクで「ホッ!」とするのもリラックスの方法の一つですよ。
胸の中に溜まった邪気を呼吸で出すのは、東洋医学的に言っても
理にかなっていますよ。
辛い思いをため込まないこと。発散しないといけませんね。
もし誰にも相談できないで悩んでいるなら、
良かったら当院に来てみませんか。

良く患者さんに言われることで「先生に話を聞いてもらって胸がスーッとした!!」
「アドバイスもしてもらって良かった」・・・と言われることが少なくありません。
一人で悩んでいないで、当院に相談に来てみてください。

Omura

2013年 妊娠報告(124名) No.3

2013times

3回目は 2013年の妊娠数124名に対して、妊娠までの施術回数グラフを上に掲載しました。

施術回数

0-10回=49人

11-20回=36人

21-30回=12人

31回以上=27人

ここで、もう一度データを総括しますと、

妊娠年齢 平均=37.8歳 (2012年 38.0歳、2011年 37.7歳)

施術期間 平均=7.3月 (2012年 6.2ヶ月、2011年 6.1ヶ月)

施術回数 平均=20.6回 (2012年 21.1回、2011年 19.8回)

この3年間の比較ですが、平均年齢、施術期間、施術回数
全ての項目で、似たような数値が並びました。
それでいて、毎年、妊娠数が増加傾向だったことは、
当院の施術方針及び内容が、恒常的に妊娠結果を導いた裏付けだと考えます。

妊娠された方の中には、わずか数回での施術で妊した例もありましたし、
長い方は2年以上かかってやっと妊娠されたケースもありました。

キーワードは、
『東洋医学の周期療法』
『病院や漢方の治療に合わせる』施術。
その為には、なるべく沢山の情報をお聞きすることを心がけています。

東洋医学の問診は勿論のこと、
病院での治療経過、
漢方処方の有無、
基礎体温表、
食事や生活習慣・・・

特に、病院での治療経過はかなり詳しくお聞きしています。
といいますのも、それぞれ各病院の特徴がありますから、
それらを踏まえて、薬剤の有無をお聞きしています。

当院は、関西中の不妊専門病院から患者さんがお見えになります。
クロミッド、セキソビット、フェマーラ・・・の排卵誘発剤。
プラノバール、ソフィア、ヒスロン、ルテジオン、ルトラール、デュファストン・・・の高温期のホルモン剤。
hMG注射、フォリルモン注射、hCG注射・・・の注射。
これらの薬剤の有無によって施術を変えています。

あるいは、
タイミング、
人工授精、
体外受精(ショート法、ロング法、アンタゴニスト法、クロミッド自然周期、完全自然周期)等の
治療計画によっても内容を変更しています。

参考までに、 各病院名はここをクリック  してください。

不妊治療は計画を立てる事も大切です。
それには、現在のご自身の身体とどういう風に向き合えばよいか?
病院の治療をどう進めていけばよいのか?
当院のスタッフと一緒に考えてみませんか?

次回も、妊娠報告は続きます。

田内

癒しブログ3(ペットNo.12~16)

2014年3月30日

最近、癒しが少ないことに気づきました。
久しぶりに、癒しのブログを更新します。
とは言っても、以前のペットブログの総集編ですので、
使い回しの感じは否めないですが、
飼い主さん達のその後を振り返りながら、

再度、ご紹介させていただきます。
前回までの総集編は、下のタイトルをクリックしてご覧下さい。

癒しブログ1(ペットNo.1~6)

癒しブログ2(ペットNo.7~11)

ペットNo.12 患者Kさんの愛犬 マロンちゃん と No.13 くるみちゃん

飼い主のKさん。
ブログ掲載後、体外受精で無事妊娠されましたが、大変苦労されての妊娠でした。
機会がありましたら、ブログでご紹介させていただきます。

ペットNo.14 患者Tさんの愛犬 ハナちゃん

飼い主のTさん。
その後、体外受精で妊娠されました。
可愛い可愛いティーカッププードルのハナちゃんに随分と癒されたと思います。

ペットNo.15 患者Yさんの愛犬 潮音(しおん)くん

バンダナがとってもお似合いの潮音くん。
癒し効果バツグンですね。

ペットNo.16 患者Wさんの愛犬 小次郎くん

Wさん。その後、体外受精で妊娠
出産後に、お子さんと来院なさいましたが、なんと・・・
ペットNo.12,13のKさんとご一緒でした。
以前からの知り合いだったのではなく、産後ケアで友達になられたとか。
当院に通院されていたことがキッカケだったそうです。
その他に、ご年齢もほぼ同じ、お互いに愛犬を飼っているなど、
いくつもの共通点がありました。

癒しのネコ(番外編)

四条寺町の交差点というとても人通りが多く騒がしい場所にも関わらず、
全く動じない様子のネコちゃん。
沢山の群集に囲まれていました。

ふくちゃん(No.4) 再登場(番外編)

癒しの写真をください!! と、
お願いしたところ、こんな可愛い写メを送っていただきました。

ペットシリーズでご紹介させていただいたNo.1~No.16まで、
患者さん(飼い主)12人中5名が妊娠。
妊娠率42% !!
ここでご紹介すると、妊娠しやすいかも知れませんね。

まだ、癒しブログは続きます。

これからも、ペットの癒し効果で沢山妊娠されることを願っております。

今後も皆さんの癒しのペットをご紹介ください。
犬、猫、ウサギ、ハムスター、金魚・・・どんなペットでも構いません。
できれば、写真とペットについての一言コメントを送ってくださると、なお嬉しいです。
ご投稿は下記のペット写真投稿メールをクリックしてください。
タウチが責任を持って掲載させていただきます。

写真投稿メールはこちらをクリック


田内

2013年 妊娠報告(124名) No.2

2014年3月25日

2013period

2回目は 2013年の妊娠数124名に対して、妊娠までの施術期間グラフを上に掲載しました。

0-6ヶ月=76名 (2012年 74名、2011年 53名)

6-12ヶ月=26名 (2012年 22名、2011年 9名)

12-18ヶ月=9名 (2012年 10名、2011年 5名)

18ヶ月以上=13名 (2012年 7名、2011年 5名)

比較のため、

2012年の同様データ

2011年の同様データ

それぞれ、クリックして参考になさってください。

施術開始から半年以内での妊娠は、全体の62%(2012年=66%、2011年=73%)
施術開始から1年以内での妊娠は、全体の83%。(2012年=85%、2011年=86%)
施術期間の平均が7.3ヶ月。(2012年=6.2ヶ月、2011年=6.1ヶ月)

施術期間は、若干長くなる傾向にありましたが、
それでも、83%の方が1年以内に卒業されていました。
(初診から妊娠までの期間を集計しています。
つまり、お休み期間もカウントされていますので、
純粋な施術期間より長く計算されています。)

皆さん、病院だけでは行き詰って結果が出ない方ばかりの中で、
妊娠数の伸びを考えると、妥当な結果だと考えます。

病院の診断では原因不明のケース、
多嚢胞性卵巣や生理不順等で卵胞が育たないケース、
受精卵の質が良くないケース、
何度も胚移植にトライして着床しないケース…

これらのケースは、西洋医学の力だけではでなく、
東洋医学での体質改善効果によって、妊娠へと大きく前進します。
何年間も病院を通院して妊娠出来なかった方でも、
鍼灸やスーパーライザーによって、1年以内に妊娠、卒業されていますよ。
妊娠へのキッカケとして、
鍼灸やスーパーライザーを利用されてはいかがですか。

次回も妊娠報告は続きます。

田内

2013年 妊娠報告(124名) No.1

2014年3月18日

2013age

ご報告が遅れていましたが、やっと、2013年の妊娠データ集計を始めました。
分析しながらその都度、このブログでご報告させていただきます。

初回は 2013年の妊娠数124名に対して、妊娠時の年構成グラフを上に掲載しました。

比較のため、2012年、2011年の同様データは、 こちらをクリック
または、トップページの妊娠報告を参考になさってください。

30歳未満 = 7人

30-34歳 = 20人

35-39歳 = 57人

40歳以上 = 40人

  合計 = 124人

平均年齢 37.8 歳。(2012年 38.0歳、2011年 37.7歳)

妊娠数 124名。(2012年 113名、2011年 72名)

全体の32%が40歳以上、
35歳以上では78%にもなります。

もっとも注目すべきは、この3年間、平均年齢が安定している点。
通常、妊娠数の伸びと平均年齢は反比例しやすいのですが、
(若い人ほど妊娠しやすいので)
この3年間の妊娠実績は、妊娠数が伸びながらも、平均年齢はほぼ一定でした。
これは、当院の施術方針にあると考えています。

1)患者さんの生理周期に合わせたバランス周期療法である。
2)東洋医学一辺倒ではなく、各病院それぞれの通院状況に合わせる。
3)漢方薬の処方があれば、その処方に合わせた鍼灸施術で相乗効果を狙う。

東洋医学専門の鍼灸ですが、それだけに頼らず、多角的に総合判断して
患者さんに合ったオーダーメイド施術を心がけています。
施術方針はご年齢によって変わってきますし、
病院の治療内容によっても違ってきます(タイミング、人工授精、体外受精など)。

もう一つ、スーパーライザーPXの効果も見逃せません。
全体の妊娠数のうち、96名(77%)は、これを利用なさっての妊娠
最近は、スーパーライザーの問い合わせも増えています。

通院を続けながら、自分自身の身体と向き合う時間も必要ですよ。
当院では、そんなお手伝いをさせていただきます。
自分の状況に合った鍼灸を受けてみませんか?

次回以降、さらにデータを公表してまいります。

田内